やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【バス】世宗市 BRTシステムに乗る

<<   作成日時 : 2013/05/07 21:53   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

五松駅へ足を延ばしたついでに、例の新政府庁舎が移転した世宗市への足として、
BRTシステムが正式に稼働開始したので、これに乗ってみた。

BRTシステム(バス・ラピッド・トランジット(英: bus rapid transit、BRT))[1]とは、バスを用いて都心域の大量公共旅客輸送幹線を実現するシステムを指す。(Wikipediaより)

韓国の世宗市に、政府の新庁舎が移転されているが、ここへの足として採用された。
4月15日から正式運用に入っている。

まずはバスは、このような外観
画像

バス本体は現代自動車製だが、運行システムも現代が納めているようだ。

正面
画像


室内
画像


路線は、五松駅〜世宗政府庁舎〜大田市(大田都市鉄道 1号線 盤石駅)までの路線である。
五松駅のバス停の案内板
画像


昼間は20分間隔で運行されている。しかし乗客は非常に少ないのが気になる・・・
まあ、政府の庁舎へ移動のための公共交通機関だから、なくなることは無いのかもしれないが・・・

料金は、五松〜世宗政府庁舎までが1500ウォン、終点大田盤石駅まででも、2000ウォンと格安だ。
時間は、ダイヤ上では40分である。
ちなみに、KORAILのムグンファで五松→大田駅だと、40分、3600ウォンであるので、約半額だ。
KTXだと、時間は18分だが、運賃は8400ウォンとバスの4倍以上になる。

途中高速道路のような道路の中央部を専用レーンとして走る。
対向のバスとのすれ違い。
画像


画像

専用レーンで、一般車両は入って来られないように、交差点はオーバーブリッジやアンダークロスになっている所が多い。建設費がかかりそうだ。ただ、交通渋滞の影響は受けない。
遠くに建設中の世宗新都市が見える。相当大規模な開発が進んでいる。

バス停の様子。
画像


信号機がバスの形をしているのが面白い。
画像


政府世宗庁舎に到着。
画像


周囲はまさに開発中で、アパートや政府庁舎の建物がまさに建設中であった。

数年後には多くの人が住む都市になっているのであろう。
韓国式の開発は日本などのものと違って、桁が違うとつくづく思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【バス】世宗市 BRTシステムに乗る やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる