やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】新盆唐線に乗る〜(2)車両編

<<   作成日時 : 2011/11/01 21:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

駅の施設などをざっと紹介したが、今度は車両の方を見てみよう。
車両は6両編成、3ドアである。
車両番号はDXXX○囲み数字であらわさる。
1ケタ目のDはDXラインのDであろう。2ケタ目が編成位置、3、4ケタ目で編成Noを表す。
最後の○囲み数字は車両のエンドを示すようだ。(1エンド、2エンド)
画像


室内の様子。
シートはオレンジとブルーが交互に配置されている。
座席がブルー3人分+オレンジ4人分になっていて、境界のところには仕切りに手すりが設けてある。
また、通路の中央にはスタンションポールが立っている。
画像


シート部
画像

通路中央には、スタンションポールがあるのが見える。
また、手前の端部は優先座席になっている。

運転台付近。無人運転は軽電鉄でもよく見かけるのだが、普通鉄道では初めて。
まだ開業したばかりだから、珍しいので、観客が多い。
画像

誰も運転していない列車が加速、減速をして、停止位置でうまく停止できるのは、何か面白くない。

ドア。開閉時に側面のオレンジ色の警告等が警告音とともに点滅する。
ドア上部には、現在位置表示器と路線案内図が千鳥で配置されている。
画像


現在位置表示器
画像


ドア横付近と貫通路上部にはモニタが取り付けられており、到着駅情報や、広報PRなどに使われている。
特徴としては、隣駅までの距離表示(m)、およびリアルタイムの速度が文字は小さいが、画面周囲に表示されている。
ドア横(座席上部)のモニタ状況。
画像


貫通路のモニタをアップで。画面欄外は上段が行き先、現在時刻、列車速度
下段が、次駅名、残り距離 という表示である。
ドアはオレンジの大きな矢印で表示されている。(この場合、右)
画像


非常時の連絡用インターホンと、窓を割る道具がドア付近に設置されている。
ドアには車両番号のステッカーが貼られている。
画像


車両貫通路にはドアが無い。その分、フラット(に近い)床面になっている。
ちなみに、右の男性は職員である。
無人運転だが、万一の事を考えて、当面の間は乗務員が搭乗することになっている。
画像


運転席から見たトンネルの様子。ぶれているので、却って幻想的だ。
画像


トンネルの途中にはカラーグラデーションで飾られた所もあるので、単調なトンネル内の景色にアクセントがつけられている。

あっという間の江南への到着だ。バスで渋滞にイライラしながら乗る事を思えば、立っていても平気な気がする。
これからの通勤の足として、ソウル南部の発展に寄与するものと期待する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
開業初日、私も乗りに行きました。新盆唐線開業で、韓国でも「かぶりつき」が流行るかも!と思いましたね。
つきのはぐま
2011/11/06 22:44
つきのはぐまさん、こんばんは。
初日に行かれましたか。テレビでかなり報道されていたこともあり、もっと混んでいるかと思いましたが、それほどでもなかったのは私が行ったのは夜だったからかもしれません。かぶりつきで、スマートフォンで写真や動画を撮っている人が結構多いですね。無人運転だから運転席の後ろをカーテンで遮る必要がないのでかぶりつきはいいですね。でも自動運転というところが、少し引っかかります。本当に安全?
そのうち何かトラブルが起きそうな気もしますが、乗務員が当面は同乗しているということなので、何かあっても対応してくれるのでしょう。
やまちゃん
2011/11/08 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】新盆唐線に乗る〜(2)車両編 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる