やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【KORAIL】中央線 原州電鉄化区間を視察

<<   作成日時 : 2011/10/30 06:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

中央線の広域電鉄は現在は龍門までだが、その先の原州まで複線電化工事中だ。
少し前のことになるが、現状どうなっているのかを見に行ってみた。

まずは、電化計画図から見てみよう。(「未来鉄道DB http://www.frdb.wo.to/」より引用)
画像


現在の終点の龍門から先、石佛からは既設の線をショートカットした線路に変わる。
西原州からは既設とはまったく違うルートで南原州に至るルートだ。
龍門駅付近には車両基地が作られる。

現在の龍門駅を発車してすぐの様子。
車両基地への入出庫線が工事中だ。
画像


砥平駅は現在地での拡張が行われている。ホームの向こうにも側線が見えている。
この駅では上り貨物列車と交換。8000型機関車のけん引だ。
画像


この駅から石佛駅、九屯駅、梅谷駅、楊東駅までの線路は既設の線路は曲がりくねっているが、
これをショートカットして直線的に移設される事になっている。
石佛駅は移設される位置が比較的近いので、新しい駅ができ始めているのが見えた。
画像


現在の石佛駅。のどかな佇まいだ。複線化とともにこの駅舎も消えてゆく・・・
画像


隣の九屯駅も移設され、この駅舎も廃止になってしまう。
画像


梅谷駅は現在も駅員無配置だ。この駅までが線路移設に伴い、廃止となる。
画像


楊東駅に近づくと、並行して新しい線路の高架橋が見えてきた。かなり出来上がっている。
画像


楊東駅に到着。駅は拡張工事のため、駅舎が仮駅舎に移設されている、
プレハブの町工場のような建物で、およそ駅らしくない。
画像


判岱駅も複線化で移設される。現在の判岱駅。
画像


駅名標は旧の英語表記なので、P'andea となっている。現在は「’」は使用されていない。
このような表記の駅名標はかなり減って来ている。
画像


判岱駅〜艮峴駅間では新設の線路とクロスする。
画像


艮峴駅では4400型がけん引する貨物列車と交換した。
幹線の列車けん引ではあまり使用されていないようだ。
画像


桐華駅付近では、新線線から既設線への接続線が設けられている。
新線は少し手前に西原州駅が新設され、ここから先は既設の中央線とは全く異なるルートになっているため、
これから先、南原州へのルートへは電車のみで堤川方面へ向かう列車は入らず、既存ルートを使用することになるようだ。
画像


桐華駅付近。接続線関係の工事が行われている。
画像



桐華駅
画像


ここから先は原州電化されても、列車のルートは変わらないようなので、省略する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 質問ですが、これは広域電鉄の電車が、原州まで直通する予定なのでしょうか。私も夏に現地取材しましたが、新ホームは列車対応のみでした。
 あと、地図を見ると、原州から、北東へ向けて、予定線が延びてますが、これが噂の、平昌冬季五輪に向けて計画されている新線でしょうか?
fmi
2011/10/31 22:25
fmiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
質問の件ですが、通勤電車は現在の龍門までの運転となります(ここに車両基地が設けられます)。そこから先は一般列車のみの運転で計画されています。
なお、原州へのルートはそのまま使用されるのかも知れません。平昌は、現在堤川〜江陵間に陵東線とはルートが異なる(高速道路の陵東線に並行)したルートで新線を建設しており、この途中にあります。
こちらへKTXをソウルもしくは仁川から直通運転することになるのでしょう。
やまちゃん
2011/11/01 06:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【KORAIL】中央線 原州電鉄化区間を視察 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる