やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】中部圏内陸物流基地 1月2日から本格稼動

<<   作成日時 : 2010/01/26 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[ニューシース] 2010年 01月 02日(土) 午前 09:59

【清州=ニューシース】
忠北清原郡芙蓉面と忠南燕岐郡東面一員に造成中の
中部圏内陸物流基地が今月から本格稼動される。
年間一般貨物 236万t、コンテナ貨物 35万TEUを処理することができて
名実共に中部圏物流ハブの役目を十分果たすことができるものと期待される。

<参考>
路線図(未来鉄道DBより転載)
画像


国土海洋部は中部圏及び嶺南圏内陸物流基地が 2010年 1月から
運営されることができるように関連機関と合同で安全点検を施行した後、
竣工前使用を認可した。

建設期間の中で文化財調査などで工事が遅延した配送センターなど
一部施設を含んだ全体の施設は来る 6月に竣工する予定だ。

中部圏内陸物流基地は 2003年から忠北清原郡芙蓉面と忠南燕岐郡東面一員
48万u 規模に国費 924億ウォン,民資 1527億ウォンなど
総計 2451億ウォンが投入されて造成され、
荷扱い場 4棟、配送センター 4棟、CY(Container-Yard) 6万u などの施設を設けた。

これら施設外にも鉄道と道路など基盤施設が揃っていて、
鉄道運送と高速道路、国道などを通じて運送が容易で、
コンテナなど輸出·入貨物の運送と宅配貨物集配送など
拠点物流施設(Hub & Spork)としての役目を遂行する。

韓国交通研究院の分析によれば中部圏内陸物流基地の建設·運営によって
物流費節減 960億ウォン、生産誘発 4500億ウォン、雇用創出 3200人などの
效果が期待される。

また国土の中心にあるなど地理的利点のため大企業と物流会社の入住が
続くことと予想され、貨物取り扱いに必要な地域人力新規雇用と
芙蓉面一帯商圏活性化に大きく寄与することと予想される。

【コメント】
気が付かない間に新線が開通していました。
ただし、貨物専用線のため、乗車はできませんが・・・
芙江駅からの引き込み線になります。
以前このあたりを通った時に本線の両側に橋脚が見えていましたが、
完成したんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】中部圏内陸物流基地 1月2日から本格稼動 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる