やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道】KTX-U 12月中旬から運転開始〜鉄道新聞他

<<   作成日時 : 2009/10/27 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

国内独自技術で製作された韓国型 KTX-Uがその姿を現わした。
10月13日韓国鉄道公社社長、ホ・チュンヨン氏は「打者 汽車を」キャンペーン発起式から
今年の12月初めから運行予定である KTX-Uを一般顧客に初めて公開した。
画像


画像


新型 KTX-Uは現代グループ系列社であるヒョンデロテム(株)(代表イ・ヨソン)が
90%の国内技術力で製作して世界で4番目の高速列車を作り上げた国家という名声を抱かれてくれた列車だ。

KTX-Uはフランスアルストム社が製作した既存の KTXと違い、
韓国型イメージと国民の便宜に焦点を合わせて製作された。

KORAILは「列車の正面を我が国の固有魚種‘やまべ’を形象化して、早くて柔軟に走るイメージを象徴化した。
また乗客の不評を買った逆方向座席を 360度回転式座席に全面入れ替えて、
乗客の好みによって搭乗方向を決めることができるようにした」と述べた。
画像


車体はアルミニウム押出材で作られて、従来のものよりずっと軽くなった。
実際飛行機内装材で使われる素材を適用して高級な内部演出をしたということが関係者の説明だ。

何より 18両の客車を 8両と大幅に短くし、また既存1両当たり52席の座席数を 45席に配置して、
座席の間隔を 5cm 以上広げることで空間活用の余裕と便宜性を高めた。

車数を乗客数に合わせて増減できる長所もある。
KTXが 20両固定編成なのに比べて KTX-Uは車両数を自由に変更することができる。
既存 KTX 列車の問題に指摘されて来たトンネル内騷音と震動を大幅に低めたことも特徴だ。

また列車内にスナックバーとビジネス室を新設して、障害者用トイレにワンタッチ式自動門戸をつけるなど、
KTX-Uは便宜施設拡充と交通弱者のための施設補完に重点を置いた。
画像


KTX特室サービスは KTX-U の客室では拡大されている。
座席ごとに下端に電気コンセントを設置したし一般個人用イヤホンを用意した。
また、ノート・パソコンやインターネット利用はもちろん DMB 視聴も可能だ。

KTX-Uは12月中旬、湖南線にまず投入されて引き続き 2011年までに
京釜線と全羅線、慶全線などに順に運行される予定だ。

一方KORAILは 7日国政監査で KTX-Uの料金引き上げを示唆した。
KTX-Uで増えた快適な環境と便宜提供によって優等室と特室にだけ適用して、
最高 60%まで料金を引き上げることができることを明らかにした。
この場合ソウル-釜山区間優等席が 5万3千800ウォン、ビジネスクラスは 20万4千800ウォンになる予定だ。
<写真はインターネットより引用>

【コメント】
いよいよ鳴りもの入りでKTX-Uが運転開始される。
それにしても、優等座席の運賃の20万ウォンは高すぎるのでは??
ちなみに、ソウル〜釜山間のヒコーキのビジネスクラスでも10万ウォンそこそこなのですが・・・
果たして乗る人がいるのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道】KTX-U 12月中旬から運転開始〜鉄道新聞他 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる