やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道】アウラジ(施善線)へ行く

<<   作成日時 : 2009/09/17 00:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は天気が良いことが予想されたので、乗りつぶしが終わってない路線に乗ろうと考えた。
この日はアウラジに行くことにした。
アウラジ行きの列車はソウル発が朝早すぎるので、途中で捕まえることに。
時刻表を調べると、水原からなら6:35発の光州行きムグンファで鳥致院で乗換、
堤川でアウラジ行きに乗り換えることができることが分かった。
あとはチケットが取れるか、だが。この日は空いているようで簡単にゲット。

水原6:35→鳥致院7:35 ムグンファ号 1421レ
8200型電気機関車牽引だった。
画像


鳥致院では、堤川発大田行きの列車を見ることができた。
画像


しばらく待って、堤川行きの列車が到着。
鳥致院7:49→堤川9:32 ムグンファ号 1703レ
忠北線の客車列車はほとんどが8200型牽引のようだ。
画像


発車してしばらくすると、五松駅付近を通過。
ここは、KTXの駅が建設されている。
画像


画像


周辺は、ニュータウンがずいぶん建設が進んでいる。
高層ビル、高層アパートと低層の住宅と商店兼用の建物が続々と建っている。
韓国ではよく見る光景だが、入居者はどれくらいいるのだろうか??
ゴーストタウンにならなければよいのだが・・・
画像


途中、清州空港駅を通過。空港へは真ん中の道を歩いて行くようだ。
前回通った時には気が付かなかったが、看板があり、
空港の建物までは約550mと書いてあった。空港駅としては、結構近い方だと思われる。
ただ、大きな荷物を担いで、この道を歩いて行くのはどうかな?
ちなみに、この列車では乗降客は無かった。
画像


そうこうしているうちに、堤川に到着。ここで、次の列車を待つ間、30分程度あるので、
ホームで待っていよう。
先行する江陵行きの1631レが到着。
この列車には自転車を持って乗る人もいた。
画像


時間が来たが、乗る列車が来ない・・・
間もなく入りますのアナウンスがあってから、結構来るまでが長い。
結局5分くらい遅れて到着。
堤川10:01→アウラジ12:22 ムグンファ号 4405レ
画像

列車はガラガラの状態で到着。この駅でもいくつかの家族が乗った程度で、
発車時点でもやはりガラガラ。夏休みが終わったのと寒くなってきたのとで、
山に遊びに行く人が少ないのかも。

ソウル→アウラジのサボ。アウラジ発着の列車は1日4本しかないので、貴重だ。
画像


後でわかったのだが、この駅で機関車を交換していたようだ。
発車は10分遅れとなってしまった。

列車は複線電化が進む中央線から離れて、さびしく単線となってしまう。
画像


立石里付近はセメント工場が並んでいて、専用線がひかれている。
ここには、専用の入れ替え機が走っているようなので、別途見に行きたいものだ。
この日は黄色い機関車がちらっと見えた。
画像


中央に入れ替え機関車がちょっと見える。
画像


列車は山の中に入っていく。単線なので、信号場や駅ではカモレと交換が頻繁に行われる。
8000型の重連セメント貨物と交換した。
画像



禮美駅(普通駅)と鳥洞(信号場)間は、時刻表で見ると、線路が2つに分かれている。
片側には駅が無いが、今回走る側には威白駅(簡易駅)がある。
禮美駅の隣駅名には紫味院だけが記載されていて、威白駅の表示が無い。
画像


威白駅。後ろの山には別線の橋脚やトンネルが見える
画像


鳥洞信号場
この駅で、別れた線路が合流する。
画像


やがて、谷の向こう側に線路が見えてきた。こちらは中腹、向こうは谷底である。
これから走る施善線の線路だ。時刻表では甑山駅から分岐している。
画像


まもなく甑山だ。
と思っていたら、放送ではミンドゥンサンという聞き慣れぬ駅。
あとでわかったのだが、9月1日から駅名変更が行われていた。
KORAILのHPなどでも記載はなかったのだが・・・

ミンドゥンサン駅の駅名標。隣駅が禮美駅になっていて、
禮美駅の隣駅表示の紫味院とは違っている。
画像


この駅でアウラジ発の1652レと交換した。
前回の改正で、アウラジ〜堤川間に1往復の列車が設定された。
機関車+客車2両+発電車というミニ編成だ。写真は電源車だ。
画像


ミンドゥンサン駅舎。駅名変更の式典が行われた時の装飾が残っている。
画像


いよいよ施善線に入っていく。
ここは、単線非電化の路線だ。
太白線から左に分岐して、大きなカーブで川を渡っていく。
画像


列車は反対側の川沿いに、さっき来たのとは逆方向に戻るような形で走る。
反対側の山の中腹に、さきほどすれ違った列車が見えた。(ちょっと分かりにくいが・・・)
画像


谷筋に沿って走っていき、やがて別於谷という駅に到着。
画像

何もなさそうな駅だが、反対側を見ると、驚くことに、アパートが建設中だった。
こんなとこで、こんなにアパートを作って、いったい誰が住むの??というところだ。
画像


さらに谷間を走っていく。仙坪駅に到着。
画像


やがて町が開けてきた。線名にもなっている施善市だ。このあたりでは一番大きな町である。
画像


施善駅で、ほとんどの客が降りてしまった。終点まで行く人は少ない・・・
画像


施善駅を出ると、川が広がっていた。列車は川に沿ってゆっくり走る。
山の中でも結構開けているのが意外だった。
画像


最後の駅、羅田駅に到着。
画像


列車は終点のアウラジ駅に到着。
降りる人は10数人程度だった。
画像


アウラジ駅では、牽引してきた機関車の機回しが行われる。
画像


アウラジ駅の建物は代表的な簡易駅の駅舎だ。
画像


駅前には客車を改造したハンバーガー店が営業している。
外観は近くの川にちなんでか、魚の姿に似せてある。
画像


店の看板も魚の絵が書いてある。
辞書で調べると、これはヤガタニゴイという清流に住む魚らしい。
画像


中は、レストランに改装されているが、長さなどから元々は車両だった雰囲気は残っている。
画像


この駅から、レールバイクがあるのだが、時間も無かったので、今回は見送り。
乗ることができる時間が決まっているようだ。
画像

観光用列車も走っているのだが、時間帯が悪かったのか、見なかった。

一応観光地であるので、遊びに行かないと、何もないところである。
ちなみに、帰りは駅近くのバスターミナル(というほどのものでもないが・・・)から
バスを乗り継いで帰ってきた。
アウラジ到着12:22から17:25まで列車が無いので要注意!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道】アウラジ(施善線)へ行く やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる