やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道】 慶全線に乗る(4)〜6時間40分 亀浦へ到着

<<   作成日時 : 2009/09/03 21:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

晋州を出発して、列車は一旦南へ向かう。次第に町並がさびしくなっていく。
次の駅は開陽駅だ。駅舎はモダンな造りだ。
画像


列車に乗っているときには気が付かなかったのだが、後で地図を見ているとこの駅から
線路が分岐していることがわかった。時刻表にもKORAIL路線図にも記載が無い。
地図を追いかけてみると、線路は泗川空港へ続いていた。
画像

この空港はもともとは軍用空港だったのを旅客共用にしたらしいので、
この線は空港への引き込み軍用線なのであろうと思われる。

南文山駅は田んぼの中の小駅。このあたりまで来ると、晋州の町はずれで、
だんだんとローカル色が濃くなってきた。
画像


次の葛村駅の駅舎はコンクリートの簡単な造りだ。このあたりから、山間をうねりながら走っていく。
時々集落があるところに駅が設けられている。
画像


晋城駅はホーム1面1線の駅で、待合所があるだけの駅だ。
画像


晋州果樹園駅は2007/10/19に営業開始した新しい駅だ。
画像


坪村駅の駅名標は旧英語表記のままだ。
最近はこのスタイルの駅名標も次第になくなってきたので、貴重だ。
画像


このあたりから、また列車は北に向かっていく。
列車の窓から入る夏の強い日差しが右に行ったり、左に行ったりと、
ほんとうに慶全線の線形は悪い。どうりで遅いわけだ・・・

院北駅は突然に駅があるという感じ。裏側に集落があるみたいだけれど、
右側に踏切があり、そのあたりは集落の一部が見える。
画像


群北駅では久々に列車交換。
相手側は 7000型 7003号牽引、1951レ ムグンファ号。
画像

釜田13:00 → 木浦20:48 だ。8時間近く走っている列車である。
これで3本連続で7000型とすれ違った。

威安駅。この付近はやや開けていて、アパートなんかも見える。
画像


中里駅。ここは地図で見ると、鉄道の走っている方向と直角に山裾に町が開けている。
画像


次は馬山だ。途中で改良工事のトンネルを掘っている現場横を通過した。
画像

慶全線の改良工事区間図
画像


列車は山間を下ってきて、やがて町が見えてきた。
築堤を大きく左にカーブすると、馬山駅に到着だ。
画像


馬山駅は前回来た時とは異なり、複線電化対応でホーム工事が行われていた。
画像


ここで、また下り列車の行き違いだ。
7300型 7366号機関車牽引、1271レ ムグンファ号だ。旧塗装だった。
この列車はソウル発京釜線経由で馬山からさらに慶全線を経由して順天までの長丁場を走る列車だ。
ソウル10:05 → 順天 18:17  終点まで8時間以上走る事になる。
画像


次の昌原駅でも電化工事が行われていた。新しいレールが敷かれ、マルタイが砕石を突き固め中。
ホームでは階段の溶接工事が行われている。造りからすると、仮設ホームのようだ。
画像


ホームを見ると、馬山行きのセマウルが到着。このあたりは列車本数がかなり増加する。
画像


進永駅は赤い屋根が印象的な建物。このあたりも改良されると、近代的な駅に生まれ変わるのだろう。
画像


貴重なNDCと交換。
画像


このあたりは、複線電化工事関係で、路盤工事などが行われている。
トンネルも新設されているところがある。
画像


洛東江駅はレンガ造りのこじんまりとした駅だ。
画像


京釜線との合流部分は、なぜか川を挟んで行われる。
緑色の橋脚は密陽方面へ行く線で、こちら側は三浪津へ向かう線だ。
右側の川沿いの線が京釜線だ。
画像


列車は三浪津駅へ到着。
画像


構内の給水塔には木が生い茂り、いい感じだ。こういう光景はぜひ残しておいてほしいものだ。
画像


列車は京釜線を走り、院洞駅、勿禁駅と停車。
勿禁駅ではKTXを退避する。
画像


列車は洛東江沿いに走り、新しい駅、華明駅に停車、
そして乗車してから、6時間40分、亀浦駅に到着。
画像

列車はこのあと釜田まで走るが小生はここで下車。
帰りを考えて、ここから釜山金海空港へ向かう。

非常に疲れたが、乗りごたえのある路線であった。
非常にローカル色が出ていていい。
改良されて味気ない駅舎や車両になるのがちょっともったいないと感じた。

l機会があれば、撮影にも行ってみたい。

最後までお付き合いくださった皆様も、ご乗車おつかれさまでした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
開陽からの線路は今は泗川空港の専用線になっていますが、昔は"晉三線"というローカル線だったんです。馬山から晉州と三千浦まで行く2層建て列車があったか、80年代初に廃線になったんです。"잘 가다가 삼천포로 빠졌다"という慣用句はその2層建て列車を乗ったか、間違いで三千浦行きに切り離せた事から作られました。
josabujang
2009/09/04 12:48
josabujangさん、いつもコメントありがとうございます。晋三線をWikipediaで調べると、1982年に営業休止、1990年1月12日に廃止となったそうです。日本もそうなのですが、昔の廃線跡があちこちに残っています。
また、日本も以前は行先がいろいろな列車を連結していて、乗り間違えなんていうのもありましたが、最近はそういう列車も少なくなってしまいました。時代を感じます。
やまちゃん
2009/09/04 20:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道】 慶全線に乗る(4)〜6時間40分 亀浦へ到着 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる