やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウル地下鉄9号線で公開試乗会を開催〜インターネットニュース

<<   作成日時 : 2009/03/25 21:09   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

5月開通予定のソウル地下鉄 9号線、1段階区間(25停車場・25.5q)で
初の公開試乗行事が20日午前 11時から 9号線車両基地がある開花駅で開かれた。
試乗行事には市職員など関係者が参加した。
<試運転の様子>
画像


画像


開花駅から金浦空港、汝矣島などを経由して、漢江南部地域に沿って新論硯駅までの
地下鉄 9号線の最大の特徴は便宜性だ。
客室に 64個ずつある黄色い取っ手は青少年や女性を考慮して
半分を高さ 160pで、残りは 170pに設置した。
既存の地下鉄電車は皆 170pだ。
<吊革の様子>
画像


椅子幅は 1人基準で既存電車の 43pを 45pで拡大した。
また障害者や老弱者の移動の利便性を考慮し、客室間の通路幅は 81pから 120pに拡大した。

駅舎も変わった。
駅事務所と駅長がいない代わりに安全要員を 1〜6人ずつ配置する事にした。
別途切符売り場なしに券売機で乗車券を売り出して 25駅それぞれにコンビニが設置される。
コンビニは補助切符売り場の役目も引き受ける。

最大の特徴は急行と緩行を運行するという点だ。
急行は二番目駅である金浦空港から新論硯役まで 9駅のみ停まる。
所要時間は 30分内外となる。
一方緩行は開花駅から新論硯役まで 25駅すべてに停まって、
所要時間は 50分位かかる。
一方開通を2ヶ月余りに控えているが、
市と事業者である 潟\ウルメトロ 9号線は基本料金を定めることができなかった。
金城中ソウル市都市基盤施設本部設備部長は
“市は 900ウォン、会社側は 1200〜1300ウォンを要求している”と “
来週頃基本料金と係わる論議が結論が出るだろうと言った。.

<コメント>
今回は民間での出資会社として運営されるため、運賃の調整が難航しているようだ。
報道でも、基本運賃が1300ウォンという発表がされたが、市側は既存ラインと同等の
900ウォンと主張しており、平行線が続いている。
開業まで1カ月余りとなっている時点で、いまだこういう状態で、果たして
開業がまともにできるのか?と心配になってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
9号線も、いよいよ開通間近になりましたね。私も次回訪韓時に乗りにいくのが楽しみではあります。
でも運賃制度の件はちょっと気になりますね。例え初乗り1200〜1300Wでも、私たちの感覚から言えばそれほど高いとも感じないんですが。でももともとの韓国の運賃水準から見ると、これでもだいぶ高くなると感じられるんでしょうが。
運賃が他線と異なる場合、一説には他線と9号線の乗り換え駅に中間改札を設置して、通過時に加算額(300W程度?)をカードから引くのではとも言われていますが、どうなるんでしょうか。今だ正式に決まっていないというのは、韓国らしいなって思いますが、さすがに5月の開通前には滑り込みで決めるんでしょうね。
開通日は5月の何日頃になるんでしょうか。
試運転の期間等も考えれば、やはり下旬でしょうか。
暫定的な終点の新論硯駅は、他のどの地下鉄路線とも接続していないんですよね。

しんきち
2009/03/26 18:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソウル地下鉄9号線で公開試乗会を開催〜インターネットニュース やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる