やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 早速有言実行。まずはSRTに乗車。

<<   作成日時 : 2017/06/04 05:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりの韓国の鉄道だが、まずは高速鉄道からだ。
今回は清洲に出張しているので地図を調べてみると、五松から水西行きに乗ることができるので、
手っ取り早くこれに乗ることにした。
バスで五松駅まで行く。幸い15分くらい後の列車に空席があったので、チケットをゲット。
チケットはスーパーのレシートのようなものなので、つまらないこと・・・
この日乗車したのは釜山発水西行き SRT 324号。五松から水西はわずか41分となっている。
【駅の窓口で発行された乗車券】
画像


【シート】
シートには可動式テーブル、網ポケットがあり、荷物棚の下には読書灯スイッチ、足元には電源コンセントが設置されている。また、窓側には上着掛け(収納式)があり、帽子や上着などを掛けるのに便利。
また室内にはWifiが設置されている。(日本の携帯ではうまくつながらない場合がある)
画像


しばらくホームで待って乗車する列車が到着。
外観はKTX-山川と同じで、色がエンジ色になっている程度の違いなのだが、内装は山川よりも改良されている。
【SRTの車内】
画像


車両は基本10両編成(前後2両は動力車で乗客定員なし)で、この列車は2編成連結していた。
2編成連結の場合は、KTX-山川と合わせて、1-8号車と11-18号車となり9、10号車は欠番だ。
各号車の設備は各座席のテーブルに記載されている。これは新幹線と同じだ。
1号車 車いす設置スペース、おむつ交換台
2号車 自販機、トイレ(男女)
4号車 AED
5号車 飲料、菓子類の自動販売機、おむつ交換台、授乳設備、トイレ(女)
6号車 トイレ(男女)、AED
7号車 トイレ(男)
【テーブルに書かれた車内設備案内】
画像

【2号車の自動販売機】
画像


さて、SRTの路線だが新線としては、水西ー天安牙山と光明間の分岐点までが新線でそこからは既存のKTXの路線を走ることになる。
分岐点付近で上り線は地下に入り、既存KTX線の下をトンネルでくぐりそのまままま進行。
芝制駅の近くで地上に姿を表す。
芝制駅付近は在来線と並走。芝制駅は在来線の駅に並んで地上に設置されている。
【車内から見た芝制駅】
画像


駅を発車してから再び地下に潜ってそのまま水西までは地下路線となっている。
終着駅の水西は地下駅でホーム3面5線を有する。
【水西駅に到着したSRT】
画像

地下駅の宿命なのか、高速鉄道の起点駅としては驚くほど待合室が狭い。ソウル駅や龍山駅とは比べ物にならない。
【水西駅の待合室】
画像


構内には乗車券の販売窓口、乗車券の自動販売機(韓国内発行のクレジットカードのみ使用可能)、案内所、セブンイレブンとお弁当の店がある。日本と同じく駅弁は₩6500ー₩8000 と少し高目。
【構内の駅弁屋のサンプル】
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早速有言実行。まずはSRTに乗車。 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる