やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新車】ITX-セマウルに乗る

<<   作成日時 : 2014/05/19 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は釜山まで行く用事があり、帰りにITX-セマウルに乗車してきたので、レポートする。
(一部写真は、朝到着時に停まっていた13編成です)

この日は 1056レ(釜山 18:40 → 東大邱 19:54) に乗車。

車両基地側から入場するITX-セマウル
この日の編成はトップ編成 01でした。
画像


乗降口 ステップがあるが、ヌリロのように、階段部分を覆うカバーは無い。電車専用区間のホームには止まれない構造だ。
画像


室内側から見たドア。色はJR九州の特急車両のようだ。
画像


室内の車番号表示。
210000系+編成No(この場合は13編成)+位置番号09号車(6両編成ですが・・・)
画像


室内の様子。日本の特急車両と変わらない。
画像


シート 出入り口部分の一部は1人掛けのシートがある。
画像


ヘッドレストは柔らかめだった。
画像


シート回りを見てみよう。
マガジンボックスは、樹脂でできているので、入る物の厚みが制限されるね。缶コーヒーなどもホルダーが無いので、網の方が融通が効くのだけれど・・・
画像


足元には、フットレストが付いている。こちらも樹脂製だ。
画像


シートの肘掛には、テーブルが内臓されている。引きだして分かったが、これは金属製であった。ずいぶん重さを感じる。軽量化するためには、これは樹脂じゃないのかな?何で??
画像


出入り口付近のピクトグラム。左から号車表示、授乳室号車(1号車)、トイレ使用中表示灯、進行方向表示、モニタ、非常口、禁煙、ゴミ箱、飲料販売機。進行方向表示の矢印が目新しい。
画像


室内仕切りドア近くの大型荷物置き場
これは、ヌリロのものとおなじようなものが踏襲されている。
画像


出入り台付近にある、飲料の自動販売機。菓子類も販売されていた。
画像


全体的な印象としては、ヌリロを発展させた形だということだ。ただし、従来のPPや客車のセマウルに比較すると、居住空間がやや狭い気がする。ただ、電車化されたこで室内の静かさはある程度確保されている。

今後、韓国内のセマウルが順次交代していくことになるが、手軽に列車の旅ができるようになることを期待する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新車】ITX-セマウルに乗る やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる