やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【観光列車】DMZトレイン 5月から運行〜KORAILニュース

<<   作成日時 : 2014/03/01 12:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

歴史と自然が作った奇跡の地、DMZが近づいてきた。

KORAILはDMZ-trainのデザインを公開し、来る5月から運行する計画だと18日(火)発表した。

これにより、民間人統制線内にある都羅山駅は、2009年以降、一般的な観光が全面中断されたが、今はDMZ-trainに一般的な観光が可能となった。

KORAILが2月18日公開したDMZ-trainは、平和·自由·調和をデザインに込めて合計3両で編成され、ソウル〜ヌンゴク〜ムンサン〜臨津江〜都羅山駅を往復する。

DMZ-train1号車
画像


1号車は走りたい鉄馬の希望と思い出を込めて「鉄馬は走りたい」の錆びた蒸気機関車を形象化した。

DMZ-train2.3号車
画像


2.3号車には平和と愛と調和を象徴するために、赤と青に配合された、東洋と西洋の子供と大人たちが手に手をとって立っていることを形象化した。人々の上にムクゲの花がパッと咲いている。


DMZ - trainの内部
画像


列車内部の床は、平和ヌリ公園の蓮の花、天井は空に浮かんでいく風船、シートのパッケージは平和を象徴する風車に設計した。透明仕切り板には、実際のムクゲを入れた。


ソウルとDMZ一帯を列車でつなぐ平和の生命の観光ベルトの成功を構築するために、関連機関第1次実務協議会を2月14日(土)ソウル駅で開催した。

第1次実務協議会には、国防部、統一部、京畿道、江原道、坡州市、漣川郡、鉄原郡、韓国観光公社、京畿観光公社などが参加した中でDMZ - trainの詳細運営案と、連携観光コース開発案、観光テーマ駅開発案などにについて議論しており、 4月には、関係機関間の協力強化のための了解覚書( MOU )も締結する予定である。

また、今年の下半期には、清涼里〜東豆川〜漢灘江〜白馬と地域間にもDMZ - trainを運行する計画だ。

特に白馬と地域は、朝鮮戦争以来、 60年ぶりに復元され、 2012年11月に開通した駅で、周辺に渡り鳥が宿るよい天恵の環境を備えている江原道の穀倉地帯である鉄原平野があり、エコツーリズムにぴったりだ。

チェ・ヨンヒェ KORAIL社長は、「平和と未来と和合を載せて走るDMZ - trainが国内観光の活性化だけでなく、政府のDMZ世界平和公園造成事業に加えて、朝鮮半島の持続可能な平和構築に貢献してほしい」とし、 「今後、ユーラシア大陸鉄道に向かって走っていく大韓民国鉄道の礎になるだろう」と期待した。

一方、ソウルとDMZ一帯を鉄道で接続している平和、生命の観光ベルトは、昨年導入に成功した中部内陸の観光ベルトと南道海洋観光ベルトに続き、コレイルが推進する第三の観光ベルトだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【観光列車】DMZトレイン 5月から運行〜KORAILニュース やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる