やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【観光列車】海列車改装して再登場〜KORAIL NEWS

<<   作成日時 : 2014/01/22 06:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

海列車という観光列車があったが、昨年夏から改装のために運休していたが、このたび改装を終えて登場した。

>>KORAIL NEWS 2014-01-20

最近改装された海列車(江原道江陵〜三陟区間)が週末売り切れ行列を継続している。


画像


KORAILは新年に入って運行を再開した新しい海列車が日の出観光客や外国人に人気を呼んでいると20日(月)明らかにした。

新しい海列車は、最近アップグレードして24席の家族席と24席のイベントルームを備えており、木の上品な飾るスナックバー、海の生々しさが生きているフォトゾーン、乗務員のイベント放送などが旅行の楽しさを加える。

海列車は、2007年に最初の線を見せた後、昨年8月に改修のために運行を停止するまで75万人が利用しており、 7年間で500億ウォン以上の経済効果を出したと評価される。

特に東海を一望できる列車で紹介されて東南アジアの観光客が訪れる旅行コースとしても定着した。

シンガポール最大の日刊紙ストレーツ·タイムズ( The Straits Times )は、最近、自国が韓国を旅行したときに、パノラマウィンドウで景色を多様に見ることができる海列車を好むと報道した。

一方、KORAILは海列車改修を記念して、江陵。東海、三陟地域住民との市場、チェヨンヒェ社長などが出席した中、「海列車試乗イベント」を24日(金) 12時から同海域マトイバンで開催する。

チェヨンヒェ KORAIL社長は「海列車こそ鉄道と地域の観光資源との間の創造的融合により、地方自治体とKORAILが共存する「幸せの海」を開拓した代表的な事例」とし、 「東海の優れた景観を知らせる代表商品で背伸びするように惜しみない支援とご声援をお願いする "と言った。

一方、海列車の予約はホームページ( www.seatrain.co.kr )や電話( 033-573 - 5474 )にすることができる。

新しい海列車は、 1月末まで毎日日の出の時間に合わせて07時10分、江陵発の列車を1往復を追加運行して、 2月にも、週末には、日の出列車を継続運行する。

新しい海列車は、既存の3両に家族席、スナックバー、イベントスペースで構成された1両を追加して計4両138席に座席が増えた。探している人が多く、2月中旬までの週末には、ほとんど座席が残っていない状況である。

画像


画像


以前乗車したことはあるが、まだ三捗までは行ったことがないので、一度トライしてみたいが・・・清州からは遠いなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【観光列車】海列車改装して再登場〜KORAIL NEWS やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる