やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】議政府軽電鉄 本日開業 乗車レポート

<<   作成日時 : 2012/07/01 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

首都圏初の軽電鉄(日本流に言うと新交通システム)の議政府軽電鉄が、
先週から試乗開業(無料開放)していたが、今日から正式に開業した。

昨晩は開業に不安を残すシステムダウンで、車両から歩いて非難する事態が発生したが、
本日は概ね順調な滑り出しになったようだ。

まずは議政府軽電鉄の概要からまとめておこう。
議政府市内を走る新交通システムで、市内を囲むように路線が設置された。
路線図(未来鉄道DBより転載)
画像


車両は2両編成で、ドイツのシーメンス社のVAL208システムを導入している。
議政府軽電鉄の車両(筆者撮影)
画像

走行はゴムタイヤの車輪で、コンピュータ制御による無人運転を実現している。
車両概要 長さ 13.7m(編成長さ26.14m)、幅 2.08m、高さ 3.7m
編成当り乗車定員 236名(座席34名)

ということで、さっそく乗車してきたので、レポートする。
今回も、電車で行くと時間がかかりすぎるため(所要約2時間半)、クルマで移動。
終点付近は駐車場がなさそうだったので、少し手前の魚龍駅近くにあるロッテマートの
駐車場に車を止めて、乗車することにした。

ロッテマートの駐車場から丁度いい角度で見ることができるので、
写真を撮ろうとしていたら、職員に止められて撮影禁止と言われてしまった。
趣味で電車を撮るだけだからと説明したら、少しだけならOKとなり、さっそく撮影。
画像


駅へ移動。改札付近には例によって横断幕が出ている。
画像


開業案内も貼り出されている。
料金は均一で1300ウォン。青少年 1030ウォン(20%割引)、子供 650ウォン(50%割引)
現金に対してカードでの割引はなく、また、他の交通(バス、地下鉄など)への乗り継ぎ割引も無い。
韓国の大衆交通の中にあっては、ちょっと高いと感じてしまう。
画像


自販機。1000ウォン、5000ウォン、10000ウォン、50000ウォンが使えることになっているが、
なぜか紙幣両替機も設置されている。
画面の表示は韓国語、英語、日本語、中国語の4カ国語が可能だ。
左側が1回用のチケット(トークン)の販売で、右側は交通カードの充填に使う。
画像


乗車にはトークンまたは交通カードを利用できる。
トークンは表裏で表示が異なる。いずれもU Lineの文字が見える。
画像


路線図。主な駅は下記。
塔石(車両基地併設)ー京畿道庁北部庁舎(道庁がある)−市庁(議政府市役所)−議政府(KORAIL議政府駅近く)−回龍(KORAIL乗換)−鉢谷(終点)となっている。
画像


時刻表。駅の時刻表には始発、終電以外の発車時刻は掲載されず、運転間隔が表示されている。
運転間隔は早朝・深夜が10分、ラッシュ時 3分30秒、日中 6分、それ以外は8分に設定されている。
昼間はほとんど待たなくても列車がやって来る。
画像


自動改札機は、トークンを使うため、スリムタイプではない。
画像

出口側にトークンの投入口が設けられている。これは大田地下鉄などと同様だ。
画像


ホームに上がった。駅の構造はどこも似たような作りで、ホームドアが設置されている。
囲われており、風が抜けにくいため、今日は蒸し暑かった。冬は寒いだろうね。
画像


駅名表示は、ホームドアの壁面に隣接駅と当駅名が記載されている。
ホームドアの表示 隣接駅名と進行方向が分かる。
画像

当駅名のみが記載された立て型のもの。
画像


車内に入ってみる。
室内は、車両幅が狭いので、向かい合わせに座席があるのは車両端部のみだ。
画像


車両先頭部の様子。
画像


シート。樹脂成型品を使用している。
画像

一部は腰を載せるだけの立ち席用になっている。
画像


先頭部のシートは蹴込みが無い。ここだけは向かい合わせだ。
画像


全体的な印象としては、直線部分の速度は結構早い。
発車停止時、かなり加減速がきついので、立っていると倒れそうになる事があった。
カーブ部は減速しているが、それでも揺れる時がある。
ゴムタイヤの割には車両の振動が気になった。

長くなったので、車両ギャラリーは続編でアップします。



鉄道・車両の謎と不思議/梅原淳
オンライン書店boox
著者梅原淳(著)出版社東京堂出版発行年月2001年09月ISBN9784490204445ページ数2

楽天市場 by 鉄道・車両の謎と不思議/梅原淳 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【送料無料】 私鉄・車両の謎と不思議 / 広岡友紀 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル経済・ビジネスフォーマット単行本出版社東京堂出版発売日2010年05月ISBN97

楽天市場 by 【送料無料】 私鉄・車両の謎と不思議 / 広岡友紀 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
首都圏では初の軽電鉄(新交通システム)の開業ですね。全国でも金海に続いて2路線目になりますか。結局、龍仁は先を越されてしまいましたね。

しかし、やはり今後の経営に不安を残したままの開業になったようです。運賃水準もですが、他交通機関との乗り継ぎ割り引き等が一切ないというのも、この路線の今後の経営の厳しさを予感させます。

私の韓国の知人のひとりの実家が、議政府市のこの路線の沿線にあるんですが(彼自身は仕事の都合で安養市在住)彼も、実家に帰る時もこの路線には乗らないだろうって言ってますし。

個人的には、どうせだったら電鉄の議政府駅に接続させたらと思うんですが。
ちょっと不思議な線形のような気がします。

昨日、ソウルの知人たちに電話したら、梅雨なのに全然雨が降らない!土曜日にやっと降った。
そしてもう暑い!って言ってました。
やまちゃんさん、ソウルも天候不順のようで、生活も大変かもしれませんが、どうかくれぐれもお体に気をつけて、お元気でよいお仕事をしてください。
しんきち
2012/07/02 17:34
しんきちさん、コメントありがとうございます。
そうですか、議政府に知り合いがいますか。
こちら水原からは、電車、バスだと相当遠いです。
以前は市外バスで九里経由で議政府方向へ行くものもあったのですが、廃止になってしまいました。客少な過ぎ・・・
議政府駅への乗り入れは、その構造からして難しかったようですね。元々駅前広場がごちゃごちゃしていたのが、駅が新装になってもあまり変わっていませんでした。いろいろと既得権益も絡みますしね・・・
天気は今年は雨が少なく、作物にも被害が出てきていますので、この先物価が上がらないか心配です。
お気づかいいただき、ありがとうございます。
韓国鉄道も変革期のような気がしますので、出来る限り現地へ行ってみてのレポートをしていきたいと思います。今後もよろしくお願いします。
やまちゃん
2012/07/02 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】議政府軽電鉄 本日開業 乗車レポート やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる