やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】水仁線 烏耳島〜松島間 乗車レポート

<<   作成日時 : 2012/07/01 01:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

本日、予定通り水仁線の烏耳島〜松島間が開業した。
あいにくの梅雨空だったが、行って来たので、レポートする。

今日は仕事があったので、帰ってからクルマで烏耳島駅まで移動(バス、電車だと時間がかかるので・・・)

駅には、特に開業の横断幕が出ているわけでもなく、少し人が多いなあ程度で、
以外にさびしい開業だ。天気が悪かったのと、夕方だったせいもあるけれど・・・
画像


さっそく改札口へ向かう。開業のポスターを見つけた。
画像


今回の開業で、新たに8駅が開業した。
新規開業した駅は、(Wikipediaより)
 456   烏耳島駅 오이도역    Oido (既設駅)
(K251)  達月駅 달월역    Darwol (未開業) )
K252    月串駅 월곶역    Wolgot
K253    蘇莱浦口駅 소래포구역   Soraepogu
K254    仁川論峴駅 인천논현역   Incheon Nonhyeon
K255    虎口浦駅 호구포역    Hogupo
K256    南洞産業団地駅 남동인더스파크역 Namdong Induspark
K257    源仁斎駅 원인재역    Woninjae
K258    延寿駅 연수역    Yeonsu
K259    松島駅   송도역    Songdo

なお、K251 達月駅は将来開業の予定である。

また、本日より、安山線(4号線)の工団駅 は草芝(チョジ)駅に駅名が変更されている。


烏耳島駅は、元々2面4線のホームであった。
今回の開業で、片側のホームが水仁線用、片側が安山線用に変更されている。

このため、烏耳島を通過する乗客は必ずホームを移動して乗換しなければならず、
ちょっと不便である。

さて、ホームに降りてさっそく列車に乗ってみた。
列車の行き先表示(松島)
英語とハングルが交互で表示される。
画像


室内の様子。結構乗客がいたが、とりあえず乗ってみよう的な人が多い感じだった。
画像


発車してしばらくすると、左側に車両基地が見える。
(木が生い茂っていて、はっきりは見えないが・・・)
その先で工事中のホームが見える。ここが、達月駅の予定地のようである。
画像


右側から車両基地への入出庫線が合流し、まもなく月串駅(K252)に到着する。
画像


月串駅を出るとまもなく列車は鉄橋を渡るが、右側に旧水仁線のソレ鉄橋が見える。
現在は遊歩道化されていて、人が歩いているのが見える。
画像


まもなく、蘇莱浦口駅(K253)に到着。駅名標。
画像


次は仁川論峴駅(K254)。ソウルメトロにも論峴駅があるので、区別のためにあえて仁川を付けたのだろうか?
画像


仁川論峴駅を発車すると、しばらくして左側にナムドンタワーが見える。レストランと書いてあるが・・・
画像


虎口浦駅(K255)
画像


発車するとしばらくして左側に公園のようなものが見えた。
画像


南洞産業団地駅(K256)
画像


源仁斎駅(K257 )。
画像


仁川地下鉄(1号線)との乗り換え駅だ。
画像


延寿駅(K258)
画像


終着の松島駅(K259)に到着。
画像


駅の外観
画像


短い区間だが、周囲に多くの団地が整備されており、今後乗客の増加も期待できそうだ。
今回の工事では、多くの駅に退避設備があるが、これは将来への投資としては、少しやり過ぎのような気がするが・・・
いずれにしても、一旦存在した線が廃止となり、同じ区間を再度建設するという珍しい生い立ちの路線だけに、
今後の健闘を祈るというところだ。

【車両フォトギャラリー】
車両は351000系(351X61〜)の6両編成が運転されている。(松島駅にて)
画像


走行中の車両(源仁斎駅にて)
画像


烏耳島駅にて、安山線の列車と並ぶ。
画像


ソレ鉄橋にて
画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
水仁線が開業したようですね。
廃線が復活しての開業とは珍しいですが、
JR武蔵野線などになんとなく敬意が似ているような気がしました。
武蔵野線も元は貨物専用線が、時代の流れと共に旅客線に衣替えしたものですよね。
同じように京義線も龍山への昔の路線を廃止して、新たに地下に建設中ですよね。
新たに地下に建設していますよね
紫乃
2012/07/01 12:10
大変ご無沙汰しています。

水仁線新規開通区間試乗、レポートありがとうございます。

1988年11月末に、全線(松島まで)の旅客営業終了間近の旧水仁線に乗った経験のある私にとっても、今回の開業は感慨深いものがあります。
四半世紀近く前の沿線は、人家もあまり無く、首都圏、水原・仁川市近郊とは思えないような鄙びた光景が続き、車両(気動車)内部も、その幅の狭さ、座席と座席の間隔の近さに、乗車してみて改めて驚いたことを昨日のように覚えています。
途中の、特に停留所の寂れぶり!?も、よく覚えています。

今回開通した立派な電鉄は、当時と比べ車両も駅もまさに隔世の感がありますね。
もちろん沿線の発展・変貌ぶりも。。

終点の松島駅の周囲も、当時はほとんど何もなかったように覚えています。
下車後、仁川駅までだいぶ時間をかけて歩いていったことを記憶していますが、確か松島駅からはバス路線もなかったように思います。
現在の松島駅は、当時の駅とどういう位置関係なんでしょうか。
どちらにしろ、小さな木造?モルタル?駅舎しかなかった当時と比べると、この駅の規模・姿も隔世の感があります。

私も4年あまり訪韓していませんので、その間新たに開通・開業した多くの路線に乗るためにも、近いうちにぜひ訪韓してみたいです。
しんきち
2012/07/01 18:34
紫乃さん、コメントありがとうございます。
韓国は、なんでもやってみて、ダメだったらそこで考えようという風潮があるので、お店などは作っては消え、また作っては消え・・・ですが、インフラはそうは行きませんので、もっときちんとしたマーケッティングデータで建設してほしいものですね。日本も似たような所があり、計画時の乗車人員は多く、実際はガラガラで赤字という事が多いですが、韓国も同じです。仁川市は人口が多いので、以前のような事はないと思いますが。
やまちゃん
2012/07/01 21:35
しんきちさん、コメントありがとうございます。
私は旧水仁線は知らないのですが、残骸や保存車両で面影だけはわずかに見たことがあります。
現在、再開業を記念して、仁川市立博物館で旧水仁線の資料が展示されているという情報があるので、一度行ってみたいと思っております・・・
水原駅近くの田んぼに残された旧線の残骸も次第に消えつつあります。さびしいような、時代の流れと言えばそうですね。
最近、韓国も鉄道の整備が急ピッチです。
先日もスイッチバックが廃止になり、トンネルとなりました。
次第に鉄道そのものの風情は失われつつありますが、日本も同じですね。また機会があれば、韓国の鉄道に乗りにお越しください。
やまちゃん
2012/07/01 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】水仁線 烏耳島〜松島間 乗車レポート やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる