やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道事故】KTX、停車駅通過でバック ・・・ 韓国の鉄道は大丈夫か? 

<<   作成日時 : 2012/01/03 18:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国では、最近、列車がバックする事件が連続で発生し、大きな問題になっている。

[イートゥデイ] 2012年 01月 03日(火) 午前 07:31

画像

KTX列車が停車駅を行き過ぎが逆戻りする不合理なことが起こった。
KORAILによれば去る2日午後7時03分ソウル駅を出発したKTX357号列車が停車駅の永登浦駅に入ってきた。
しかし、どういうことか、乗客を乗せず、そのまま行き過ぎた。
この列車は新道林駅付近で停車後、約1.5kmほど後退し、永登浦駅に停車して乗客を乗せた。

一日に永登浦駅に停車するKTX列車が2本しかなく、運転士が誤って停車駅を行き過ぎてしまったようだというのがKORAIL関係者の説明だ。

結局、列車は予定時間より10分ほど遅れて、乗客を乗せて釜山(プサン)に出発した。

KORAIL側は、遅延補償の時間である20分を超えない遅れに対する補償はないと明らかにした。

幸い人命被害はなかったが、列車が逆行している間にKTXに乗っていた乗客たちは、不安に震えることになった。
また、車内放送なども無かったと、乗客が不平を漏らしていた。

プレミアム経済新聞 イートゥデイ より

【コメント】
先日はソウルメトロで、駅でドアが開かなかったと乗客が運転士にクレーム。
運転士は、列車運行センターと連絡を取り、列車をバックさせて、駅に停車した。
実際は、その停車駅で列車のドアは開いていたのだが・・・
たった一人の乗客のわがままで、乗客が危険にさらされていいのか?
というところが問題になった。

そこへ、今回はKTXという韓国を代表する高速列車で駅通過、逆行して停車という、
前代未聞の事件が発生。
マスコミなどは準トップニュースに置いて、KORAILへの批判を強めていた。

そもそも、KTXと在来列車が混ざって運転される区間で、しかも永登浦はほとんどのKTX列車が通過するので、
(私は逆に停車する列車があるというのを知らなかったくらいだ・・・)
何らかの停止に対するバカよけ対策は必要だったのではないだろうか?
たとえば、出発信号をあらかじめ赤にしておいて、構内では減速させ、最悪でもホームで強制停止させるとか。

まだまだ、運行に関しては甘いところがあるようだ。

また、事後処理も社員に徹底されていないようだ。
日本でも、一時期列車の遅延や事故の時の車掌のアナウンスが問題になった時期があり、
その後乗客へのインフォームがいかに重要か、が理解されるにつれて、この問題は
ほとんど聞かれなくなってきている。

韓国でも渋滞を避け、列車での移動がかなり一般的になって来たので、
これから列車の運転だけでなく、乗務員の非常時の対応訓練がもっと重要になって来ることだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道事故】KTX、停車駅通過でバック ・・・ 韓国の鉄道は大丈夫か?  やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる