やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道】鉄道研、新しい都市鉄道 次世代電車を初公開〜鉄道新聞

<<   作成日時 : 2011/11/07 20:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

鉄道新聞 1070号(11.11.07)より
乗客の利便性・快適性を向上し、車両の性能も改善した次世代電車を開発

画像


国土海洋部と韓国建設交通技術評価院は、国家研究開発事業で支援した"次世代電車の技術開発事業"が2005年に開発を始め、現在の車両製作を完了し、木浦大佛線12qの区間で最高速度130q/ hでの試験している。

次世代の電車は、今後2014年までに10万q走行試験を経て、2015年からソウルメトロ、釜山(プサン)1号線など、全国の都市鉄道で運行される予定だ。

車両と車両の間の接続部のドアをなくし、移動通路を従来の120cmから170cmで1.4倍に広げてスムーズな移動と空間の活用度を高め、客室前で一番の後半にも見えるほどに乗客がより快適で便利に都市鉄道を利用することができ、貫通路にドアがなくても騒音が現在の都市鉄道よりもはるかに減少した点が特徴だ。

車の見た目は、従来の定型化された都市鉄道の姿から脱して柔らかな曲線美と、豊かな立体美を強調し、ヨーロッパ風のモダンさと現代的感覚が適切に調和を成しているし、インテリアデザインは運行されている地域の交通環境に合わせて都心混雑型(縦方向座席の配置=ロングシート)と郊外型(混合の座席配置)と中間型(中間の座席配置)などの3つのタイプに椅子の位置を別々に設計した。

また、都市鉄道で初めての走行装置の曲線部を追従するようにして乗り心地が大幅に改善され、性能が既存より12倍向上し、車輪摩耗率が減り、急曲線区間では、車輪とレールの間に起こる摩擦ノイズを大幅に低減させた。

次世代の電動車のコア技術は、直接駆動する電動機と車軸に直接電動機を連結して動力を伝達する方法で、動力伝達の損失とメンテナンスコストを削減し、ダイレクトドライブモータは、従来の消費電力を20%以上削減することがており、電力料金を1兆1600億ウォン(国内電車計7,089両を適用、25年基準)を削減することができる。

特に、電動機の回転数が従来の誘導電動機の約1 / 7に減少し、モータの騒音が従来の103dBから80dBに20dB以上減少し、メンテナンス周期を従来よりも3倍延長して9年の間、メンテナンスなしで運行が可能で、電動車、制動時発生するエネルギーを再利用したエネルギー貯蔵システムを適用し、電動車の使用エネルギーの20〜50%を節約することができる。

このシステムは、都市鉄道の主要区間(ソウルメトロなど12路線)に投入する場合は、約2600億ウォン(10年)の電力コストを削減でき、省エネに大きく貢献すると期待される。

鉄道研 キム・ギルドン博士は、"乗客の利便性を向上させ、都市鉄道運営機関の運営費を低減させる次世代の電動車の開発により、将来の都市鉄道の技術をリードし、環境にやさしい緑の鉄道実現に貢献すること"に見られると明らかにした。

【コメント】
この車両の正面に書かれているロゴ AUTSは、Advanced Urban Train System の略である。先進都市型列車システムと訳すことができよう。
Railers 6号で紹介されている。
概要を抜粋すると以下のようだ。

編成は6両で構成されている。

    <       >
MC−TP−M−T−TP−MC  (3M3T)

内部のシートは各種仕様で製作されており、
1両目と6両目は 都市型(ロングシート)、
2両目と5両目は 郊外型(混合配置)、
3両目と4両目は 中央配置シート(ソウルメトロで試験導入車両に設置)
となっている。

駆動にダイレクトドライブモーター(DDM)を使用している(200KW×4基/電動車当り)。
電動車は編成あたり3両なので、編成あたりの出力は2400KWとなる。
制御はVVVF−IPM 1C1M制御。回生ブレーキ付き。

車両あたりのドアは4箇所で、ドアにはプラグドアを採用。スライドステップが設置されている。

現在の古くなった電車の置き換えに都市部に集中投入されることになるのだろう。
このあたりは、私鉄の少ないという事情で、国が仕様を先導して決めていく、韓国ならではのやり方だろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
トングリ以前の車両の置き換え用に試作したのかなあ、DDMは日本でも実験段階なのでこれからの
状況が気になります。
みっくみの
2011/11/07 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道】鉄道研、新しい都市鉄道 次世代電車を初公開〜鉄道新聞 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる