やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】全羅線KTXに乗る(その1)〜龍山から全州まで

<<   作成日時 : 2011/10/16 07:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

10月5日に全羅線のKTXが開業したので、さっそくKRパスを使って乗車してみた。
基本的に益山駅までは従来からある路線で、益山〜先も一部区間は先行で高速化されているので、
全部が新線というわけではないが・・・

さて、今日はバスの都合で、ソウル駅経由で龍山駅へ向かう。
先にソウル駅でチケットを購入しておこう。ボードを見てどきっ・・・満席だ!でも気にせず窓口へ。

窓口氏、ううー席が無いなーと言いながら、何やら操作して指定券をひねり出した。
見ると、1号車1番席。日本の新幹線と同じように予備の席が用意されているのだろうか?
画像


列車案内板。麗水→麗水EXPOと表示されている。チケットの表示は文字数の関係か、麗水EXだ。
画像


ホームの表示。
画像


KTX車両側面の案内表示。ハングルと英語が交互に表示される。
画像


さて、列車は予定より3分ほど遅れて出発。先行のKTXが遅れていたのであおりを食った格好だ。
車内の様子。
画像


KTXは、車内でWi-Hiのデータ通信が可能だ。(首都圏の広域電鉄も可能だが・・・)
車内でAPの状況を見てみた。
画像

SANCHUN-16-AP1となっているのがそれで、16は編成No、AP1は1号車を示すようだ。
各号車にAPが付いているようだ(一時的にAP2も入っていた)。
ただ、1両にAP1つなので、通信速度は速いとは言えないし、タイムアウトも相当でるのは覚悟が必要。

そんなこんなで、ネットで遊んでいるうちに列車は順調に走行し、益山駅に到着。
駅舎側の方が仮囲いされていて、工事中だ。
画像


益山を発車して、高架橋を走るが、新しいものに切り替えられている。
旧線の方は撤去?工事が行われていた。
画像


画像


湖南線を渡る高架橋は、複線用になっているのだが、まだこの部分は単線での運用である。
スラブ軌道は完成していた。架線も張られていたので、列車が走れる日も近い。
画像


東益山駅は、少し南に移設され、この付近は直線化して別線になっている。
駅を挟んで、新線と既設線が分岐、合流する。

既設線との合流点付近。まだ路盤がそのまま残っている。
枕木が撤去されている。この区間は、以前から切り替えされていたのかも知れない。
跡地は舗装すれば、道路として使えそうだ。
画像


参禮駅構内。まだ線路の敷設作業が進行中だ。でも完成は近い。
画像


東山駅は、既設駅のすぐ南側に新しい駅が設けられているので、既存駅が間近に見える。
こちらは、まだ既存駅側も貨物ターミナルとして使用しているようだ。
画像


この駅から複線での電化が完成していた。列車は快適に飛ばし始めた。
全州までの線路は既設線の路盤を拡張した形で複線化されている。
益山から15分ほどで全州に到着。
画像


話が長いので、いったんここまでとして、残り区間へ続く・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】全羅線KTXに乗る(その1)〜龍山から全州まで やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる