やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】釜山〜金海軽電鉄 9月9日に開通

<<   作成日時 : 2011/09/04 20:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

7月の開業が延期されていた、釜山金海軽電鉄だが、9日に開業することに決まったようだ。
ネットでの報道を転載する。

[ハンギョレ新聞] 2011年08月31日(水)10:13 チェサンウォン記者
全体の23.4q 21駅に停車... 16日までの8日間の無料
釜山(プサン)·金海市は、"ビトジャンチ"...騒音や安全問題相変わらず

釜山(プサン)〜金海軽電鉄が、9月9日に開通する。

開業する釜山金海軽電鉄の路線図
画像


全体の23.4qに21駅を置いており、午前5時から深夜まで一日424回往復運行する。
端から端まで37.9〜38.2分かかる。沙上駅と大渚駅では、
それぞれ釜山(プサン)地下鉄 2、3号線と乗り換えられる。
軽電​​鉄1編成は32人用客車2両で構成され、立席まで含めると、1編成で304人まで乗ることができる。

画像


全体のルートは、郊外1区(サムギェヨク·ガヤデ入口〜ファルチョンヨク·仁済大入口)、中心エリア(アンドンヨク·ギムヘデ入口〜ピョンガンヨク)、郊外の2地区(デジョヨク〜沙上駅)の3つの区域に区分される。
料金は、郊外1区域から外れた2区、郊外2区域から外れた1区域への2区間と、
そうでないれていない1区間に区分して課税されます。
交通カードを使用すると、大人、若者、子供たちは、それぞれ1区間1200ウォン、950ウォン、600ウォン、2区間1400ウォン、1100ウォン、700ウォンだ。現金は100ウォン高い。
障害者は無料ですが、高齢者は料金を支払わなければならない。
来月16日までは無料だ。
30年間の運営を担当した釜山(プサン)· 金海軽電鉄 ㈜は開始後100日間、
列車の運行の技術を持つ従業員と安全要員を搭乗させて運行して、
その後ろには無人運用行う計画だ。
軽電鉄は、釜山市と、金海市の頭痛の種でもある。
計画段階での交通需要を過度に膨らませて予測して両方の自治体は、
20年の間に民間資本の事業者に最小限の営業利益は補助金(MRG)で
約1兆6400億ウォンを支給しなければならない。
年平均588億ウォンずつ1兆1757億ウォンを抱え込むことになった金海市としては耐えがたいほどだ。
安全性と騒音問題だ。
当初、4月20日に開通しようとしたが、何度か延期されたの末25日に解決されたと判断して
秋夕連休の直前に開通することにあたふたと決定した。
ギムメンゴン金海市長は"これまで提起された安全性の問題は、
持続的な点検·補完とシステムのパフォーマンス改善で解消されたと判断して、
騒音は引き続き必要な手段を使用して解消する"とし"政府の国費支援を要請し、
民間資本の事業者との追加的な交渉を通じて、
需要不足による運行赤字が補填する計画"と明らかにした。
"金海軽電鉄の市民対策委員会"で活動しているゴンユングォンス議員は、
"安全点検過程に市民の参加が排除され、騒音の測定を動員し、
東部のマンションでも要求したが、ブヨウンアパトゥマンするなど、
市民の要求が正しく反映されていない状態の開始が決定された"とし、
"市民の安全を確保することができるか疑問"と述べた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】釜山〜金海軽電鉄 9月9日に開通 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる