やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】三浪津〜馬山 電化区間に乗る

<<   作成日時 : 2011/01/04 05:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日釜山に行ったついでに、馬山までの電化区間を見て見てみることにした。

釜山から馬山へは、慶全線の列車で移動する。
1953レ ムグンファ号  釜田 13:00 → 馬山 14:26
久しぶりに乗る9501系ディーゼルだ。
かつては、京義線でソウルへ行くのに毎週のように乗っていたのが懐かしい。
画像


洛東江付近から、新線を走る。
旧線が離れて行く。まだ線路は残ったままだった。奥に単線の鉄橋が見える。
画像


まもなくこちらも長い鉄橋を渡る。連続トラスが美しい。
画像


韓林亭駅へ到着。周りにはのどかな田園風景が広がる。
画像


画像


このあたりから、既設の線路とは大きく異なるコースを走る。
次は進永駅に到着。掘割に駅が造られている。
画像


画像


次の進禮駅は、未開業で通過するが、駅の工事はほとんど完成しているように見えた。
画像


その先、列車は大きく左にカーブしていく。
このあたりで、分岐があり、左側に複線の線路が分かれて行った。
これが12月1日に先に開業した、釜山新港背後鉄道のようだ。
画像


列車は大きく右に進路を変えて、やがて昌原中央駅へ到着。
画像


画像


次は昌原駅だ。
電化に際して、駅の位置が少しだけ移動していた。
画像


画像


この駅から鎮海線が分岐していく。こちらはまだ単線非電化のままだ。
まだ駅の周辺は工事中で、かなり乱雑な状況だった。
画像


次は終点の電化区間の終点、馬山だ。
途中からは高架を走る。馬山市内が見下ろせる。
画像


馬山駅に到着。
画像


階段を上がったところからホームを見下ろす。
画像


駅は完全に新設されている。ガラスが多用され、最近のKORAIL駅のパターンだ。
画像


今回開業した区間は、電鉄線用にもなっているが、いまのところは走る電車はKTXだけだ。
釜田側から伸びてくる釜田ー馬山間複線電鉄工事が完成すれば、電車も走るようになるだろう。

このあと、折り返しKTXで東大邱まで向かう事にする。




ビコムワイド展望シリーズ 大糸線 非電化区間 上り・下り 糸魚川?南小谷間 / 鉄道
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>「ビコムワイド展望」シ

楽天市場 by ビコムワイド展望シリーズ 大糸線 非電化区間 上り・下り 糸魚川?南小谷間 / 鉄道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

可部線の四季 非電化区間 可部-三段峡間(DVD)
ハピネット・オンライン
ご注文前にご利用案内をご覧になり、納期等をご確認下さい。商品種別DVD商品番号 DR-4032販売元

楽天市場 by 可部線の四季 非電化区間 可部-三段峡間(DVD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

大糸線 非電化区間 上り・下り 糸魚川?南小谷間(DVD) ◆20%OFF!
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2006/7/21■在庫状況:1?3日以内に発送致します(土日祝除く)※ご注文タイミングに

楽天市場 by 大糸線 非電化区間 上り・下り 糸魚川?南小谷間(DVD) ◆20%OFF! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしいですねこの車両。私も前はよくこの列車で京義線に乗って臨津江まで行っていました。電車になってからローカル感が薄れてしまって寂しい感じがします。この路線もいずれは電化されてしまうのでしょうね。
ハン
2011/01/04 10:55
ハンさん、コメントありがとうございます。
先日の京春線も同様ですが、韓国の鉄道は昨年末から今年あたりが、インフラの急激な変化の年になっています。中でも嶺東線のスイッチバックの廃止が挙げられると思います。
変わりゆく韓国鉄道をレポートしていきたいと思いますので、今年もよろしくお願いします。
やまちゃん
2011/01/04 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】三浪津〜馬山 電化区間に乗る やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる