やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【空港鉄道】12月29日いよいよ開業〜空港鉄道

<<   作成日時 : 2010/12/11 07:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

永宗島などソウル通勤圏… 地域開発加速化及び都心と交流増加
ソウル江北地方の仁川空港アクセス向上…便利な海外旅行

KORAIL空港鉄道が 12月29日ソウル駅〜仁川国際空港駅間の
全区間を開通することによって、永宗島など仁川西北部地域が
ソウル出退勤圏に編入されて、ソウル江北圏の仁川空港接近性が
向上するなど大きい変化が予想される。

またソウル都心で 1時間程度で永宗島の多様な海旅行を楽しむことができ、
都会人たちの余暇文化を通じる生の質が改善して、
仁川空港乗り換え旅行客たちのソウル都心観光も大きく増えるなど
空港鉄道のソウル駅開通が首都圏市民たちの生活に
少なくない変化を呼んで来る見込みだ。

-一番早くて安い空港への道

まずソウル都心で仁川空港と金浦空港に行く一番早い交通として、
交通利用パターンの大変化が予想される。

現在ソウル駅で空港バスやタクシー、マイカーを利用して仁川空港に行く場合
最小 1時間が必要となるが、空港鉄道を利用すれば 43分(直通列車)で可能だ。
すべての駅に停まる一般列車も 53分だ。
ここに列車の長所である定時性により、到着時間を正確に予測することができて、
海外に発つ旅行客たちは大事な時間を節約することができる。
ソウル駅〜仁川国際空港駅は一般列車運賃は、政府の主導で
首都圏統合乗り換え割引適用の時 3,700ウォン(直通列車 13,300ウォン)で
リムジン(2010年一般 10,000ウォン,高級 15,000ウォン) よりずっと低廉だ。

金浦空港も同じ、リムジンやタクシーは最小 30〜40分がかかるが、
空港鉄道一般列車は 20分で到着して、運賃も統合乗り換え割引適用の時
首都圏電車運賃のような 1,200ウォンだ。

-周辺開発促進を通じて地域経済発展を牽引

空港鉄道がソウル駅までつながることによって、永宗島など仁川市民たちの
ソウル都心接近性が大きく改善し、周辺開発が加速化されるなど
地域発展に寄与するように見える。
ソウル駅まで開通でその間ソウル接近性が良くなかった永宗島周辺と
仁川西北部地域がソウル都心と 50分以内に短縮されて、
ソウル出退勤圏に属するようになる。
特に仁川地下鉄と乗り換えの桂陽駅からソウル駅が 26分に過ぎず、
仁川地下鉄と連携したソウル都心接近性が大きく向上する。
これによってこれら地域はソウル都心文化を享受するようになったし、
ヨンジョン、チョンラ、コムダンなど空港鉄道周辺の新都市建設など
周辺開発が加速化されるように見える。

今度全区間開通で空港鉄道路線周辺の仁川 3区(中区,西欧,桂陽区)と
ソウル 7区(江西,恩坪,麻浦,西大門,鐘路,竜山,中区)が直接的な受恵を受けて
これら地域住民 320余万人が全区間開通效果を享受するようになって、
ソウル陽川区と永登浦区,高陽市西区と東欧,坡州市などが間接的な
受恵地区に当たってこれら地域住民 180余万人など総 500余万人の
首都圏住民が空港鉄道完全開通の直間接的效果を見るようになる.

ひいては空港鉄道が KTX など全国の鉄道網と繋がれて、
地方主要都市も直間接的受恵を受けるるようになる見込みなので、
空港鉄道全区間開通效果は首都圏を越えて全国に及ぶように見える。


-ソウル都心で西海岸が 1時間圏

また、空港鉄道 2段階開通はソウル都心から西海岸を一番早く結び、
西海海観光の便利性を高めて首都圏市民たちの余暇文化に寄与するなど
これを通じる地域経済発展にも寄与するように見える。

現在 1段階でもソウルと英宗-竜遊海を一番早く連結するが、
金浦空港までの運行の制限により、ソウル都心及び江北地域民の利用は不便だった。
しかしソウル駅までつながれば首都圏電車と便利に乗り換えされて、
西海岸がもっと近くなるようになる。

KORAIL空港鉄道は全区間開通の後ソウル駅で
竜遊海と徒歩で 5分距離にある竜遊臨時役まで延長運行する
日の出日の入り列車,ムウィ島山登り列車、避暑列車など
多様なイベント列車を運営する計画なので、
都会人たちはもっと早くて便利に海旅行を楽しむことができるし、
永宗島地域は旅行客増加で観光特殊を享受するように見える.

-身軽な空港への道 ‘ワン・ストップサービス’

従来、空港鉄道利用の時の不便さは海外旅行客が駅から旅客ターミナルまで
重い荷物をひいて行かなければならないことだった。
しかし 2段階が開通するとソウル駅に三成洞都心空港ターミナルのような機能の
都心空港ターミナルが開設され、このような問題がすっきり解決される。
海外に出る旅行客たちはソウル駅都心空港ターミナルで搭乗手続きとともに
手荷物を搭乗航空機まで自動託送する手荷物処理サービス
(BHS:Baggage Handling System)を利用することができる。

だからKORAIL空港鉄道は仁川国際空港への接近性のみならず、
手荷物ワン・ストップサービスで搭乗航空機への接近性までよくなって
競争力がいっそう強化される。

特に都心空港ターミナルでは海外に発つ旅行客たちが午前中に
あらかじめ荷物を預けて身軽に業務及び都心観光を楽しんだ後、
午後に空港鉄道に沿って空港に行くモーニングチェックイン・サービスなど
多様な特化サービスを用意する。

一方,空港鉄道のソウル駅開通は仁川空港乗り換え旅行客たちの
ソウル都心観光増大效果をもたらす見込みだ。
制限された時間に早くて便利に都心観光を楽しもうとする乗り換え旅行客たちは、
空港鉄道弘大入口駅を通じて最近外国旅行客たちに名所に浮び上がった
弘大入口カフェー通りを簡便に楽しむことができるし,
ソウル駅では南大門市場と清渓川、光化門広場、古宮、南山など
観光名所を手軽に探索することができる。

このように空港鉄道の 2段階開通はソウル都心と仁川空港間接近性強化と
利用便利性拡大で空港鉄道自らの競争力を強化させただけなく、
外国人観光客増加など国家の競争力強化の一助になるように見える。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【空港鉄道】12月29日いよいよ開業〜空港鉄道 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる