やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新線】釜山4号線 来年1月から60日以上の営業試運転

<<   作成日時 : 2010/12/30 06:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

【釜山都市鉄道公社のHPより】 2010年12月10日付
営業試運転期間の中で中間評価を実施して開通日を最終確定

国内最初の軽電鉄システムである釜山都市鉄道 4号線の
営業試運転が来年 1月から 60日以上行い、
4号線開通日はこの営業試運転結果によって最終決まる。

釜山交通公社(社長アン・チュンテ)は去る 8日、第3回専門家委員会を開いて
各分野専門家たちから開通に関する意見を収斂、
来年 1月から 60日以上営業試運転を実施する事にしたと明らかにした。

この日専門家会議は現在 4号線進捗は信号など諸般分野の試験を経て、
今月末建設工事を完了して来年初から 60日以上の営業試運転過程を経て、
開通するようになっている。
今まで諸般の分野建設に対する 3次にわたった専門家による現場確認点検と
各種試験成果が正常に推進されていて、年末建設完了は何ら異常がないと評価した。
また来年初始める営業試運転など試験運行を正常に行えば、
3月以後開通は無難だと予想して、営業試運転期間の中で一度中間評価を実施、
その結果を土台として開通時期を最終定めるのが妥当なことと結論づけた。

釜山都市鉄道 4号線は先月末基準で土木軌道建築電気信号通信など
全分野にかけて平均 99.3%の進捗率となっている。
先月から無人総合試験及び上逹訓練を実施している。
工事はまた建設が事実上完了することで分野別かけがえを確保する一方
各種装備運用に対するマニュアル作成と職員教育も並行している。

一方,釜山都市鉄道 4号線は総事業費 1兆2千489億ウォンが投入され、
去る 2005年 2月に着工。
釜山東莱区美男ロータリーで機張郡王馬面安平基地間 12.7km(地下 7.2km,高価 5.5km)
区間に停車場 14ヶ所と車両基地 1ヶ所及び乗り換え施設 2ヶ所をせっちする
建設工事で国内最初の完全自動軽電鉄システムだ。

アン・チュンテ釜山交通公社社長は “3月開通による施設物及び
システム全般に対する問題点はないし障害者と老弱者たちが
安全で便利に 4号線を利用するように設備分野のマニュアル作成と訓練など
一部補完が必要だという意見があった”と
“国内最初の軽電鉄システムであるだけに安全に一寸のすきないように
十分な営業試運転期間を経って安全が完璧に確保された状態で開通するようにする”
と言った。

【コメント】
国内最初の軽電鉄は月尾銀河線かと思っていたら、手抜き工事など安全性で
もめにもめて、開業が決まらず、この間に、順調に仕上がってきた
龍仁エバーラインが先を越すのかと思いきや、こちらは事業主体の市が
資金繰りのめどが見えないことから開業が無期延期状態となり、
ダークホース、釜山の4号線が来年の3月頃に最初に営業運転を開始しそうだ。

車両は依然紹介したこともあるのだが、ゴムタイヤ式の車両だから、
日本では各地にある新交通システムと同じだ。
<参考>今年3月 軽電鉄展示会に出品された、同車両 =筆者撮影
画像


全自動運行は日本ではごく普通だが、韓国では初めてなので、慎重に進めるようだ。
日本でも、新交通は、大阪の南港ポートタウン線のように事故が起きているので、
ソフトのバグ出しは相当やらないと、事故が怖いね。

2か月も試運転をやれば、相当ウミが出ると思うので、これを修正して、安全なシステムで開業してほしいと思う

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新線】釜山4号線 来年1月から60日以上の営業試運転 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる