やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道】ソウル駅線形改良完了〜鉄道新聞

<<   作成日時 : 2010/10/16 18:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

鉄道新聞1026号(2010/10/18)より

ソウル本部(本部長ユ・ゼヨン) 施設チームは
ソウル駅北部線形改良工事を推進していて、今回開通した。

ソウル-ムンサン間首都圏西北部顧客たちの足になっている京義線。
電車だけではなく KTX、セマウル号、ムグンファ号の入出庫列車まで
一日約 230回の列車がソウル駅を出入りするため、
ソウル駅北部曲線分岐機を通過している。
こんなに特定区間に列車運行が集中されていると、
曲線分岐機を列車が安全に運行するためには
15km/hの速度制限が不可避だった。

ソウル本部施設チームではソウル駅北部線形改良工事を推進して、
去る 10月 1日に無事に開通した。
現在の曲線が連続された脆弱曲線分岐を撤去して、
峰来跨線橋近所へ分岐を移設して、連続した曲線分岐を
単純化する線形改良による列車速度の向上により、
運行時間短縮(約 1分) などの效果を期待している。

これは一日列車運行回数(上下 230回)を勘案すれば、
一日当たり約4時間の余裕時間を確保することで、
線路容量の増大、及び隣近西小門踏切一帯の円滑な交通の流れと、
列車安全運行と定時運行に寄与することができると期待している。

速度上昇は 10月15日から 11月30日までは 15km/h→20km/h(京義下り線)で
試験的に運行して、結果によって 25km/hまで漸進的に進める計画だ。

【コメント】
京義線に乗ったことのある方なら分かるだろうが、ソウル駅を発車して、
しばらくの間、「どうしてこんなに徐行で走るのだろう?」と思われた方も
多いと思う。
この線路改良で、わずか数百m程度の区間なのだが、
約1分の時間短縮になるということで、ボトムネックの解消になる。
京義線のDMC〜ソウル駅間の通勤時間帯の列車増発を期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道】ソウル駅線形改良完了〜鉄道新聞 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる