やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【車両】韓国の車運車について

<<   作成日時 : 2010/05/30 21:44   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

鉄道の貨物の中で、特殊なものとして、自動車がある。
日本では、すでに消え去ってしまったが、かつては
ク5000型という形式の専用車両もあった。
韓国ではどうかというと、いまだ健在である。
しかし、わずかに1往復だけという状況だ。

現在運転されているのは、城北⇔蔚山間である。
これは、現代自動車の工場が蔚山にあり、ここから
首都圏までを輸送するための列車である。

この専用列車は夜に蔚山(温山)を出発、早朝に城北に到着するダイヤだ。
帰りは回送となり、逆方向に運転される。
3111レ 城北 20:10  →  温山 4:59
3112レ 温山 18:15  →  城北 5:00
土日は運休となる。

ちなみに、5月29日の運転記録を見てみると、
12両編成で運転されていたことが分かる。
971016 - 971008 - 971035 - 971027- 971036 - 971026
- 971022 - 971003 - 971028 - 971037 - 971011 -971018

まあ、列車の運転はこんな様子なので、
土日に撮影することは残念ながら出来ない。

せめて、車両だけでも撮りたいと、城北へ向かった。
石渓駅から歩いて5分くらいのところに、現代自動車の首都圏配送センター
というのがあり、ここに車両が留置されているのだ。
警備員に中に入れてくれと言ってもダメだったので、
仕方なく外から敷地の周りを歩いていると、裏の貨物ターミナルみたいなところに
車両が留置されているのが見えた。ちょっと入ってみた。

まずは、外観から。車両番号は9710XX となっている。
私有貨車の部類のようだ。車両としては大きい。
画像


構造は上下2段式になっていて、それぞれに左右に
車が走行できるように鉄板が張られている。
軽量化のためか、上段の真ん中は梁のみで、空いている。
また、両横にはネット(金網)が張られている。
このネットのため、中が見えにくくなっている。

車両の内側を撮ってみた。
画像

側面にある、箱のようなものは、車両を固定するジグがはいっているのだろうか?

台車。さすがに現代の車を運ぶので、「HYUNDAI」と刻印されている。反対側には「KIA」も。
日本の貨車でも似たような台車を履いていたのがあったと思ったが・・・
型式分かりません・・・orz
画像


この車両の所有者は情報ワールド(천보월드)という会社だ。
おそらく現代自動車のLogistic部門の情報関連子会社だとおもうのだけど・・・

おまけ
ネットでいろいろ探したら、germangray さんのブログに写真が出ていたので、
貼りつけさせていただきました。

http://blog.naver.com/PrologueMain.nhn?blogId=germangray

いつか、このような写真が撮れるといいのですが・・・
(平日に休みが取れて、かつ列車が遅れることがないと、
このような写真は撮れませんので、たぶん無理なのでしょうが・・・)
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【車両】韓国の車運車について やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる