やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【新車】【KTX-U】 KTX-Uに乗る

<<   作成日時 : 2010/03/07 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

3月4日から新型のKTXであるKTX-Uが営業運転を開始した。
ちょっと見に行って来た。

まず、KTX-Uを使用する列車だが、これはKORAILのHPの
列車予約で簡単に見つけることができる。
KTXの右の方に、KTX-산천(山川)と書かれているからだ。

京釜線系統 
109   ソウル  7:30 → 釜山 10:22
130   幸信   14:19 ← 釜山 11:00
147   幸信   15:30 → 釜山 18:53
130   幸信   22:24 ← 釜山 19:30

湖南線系統
501   龍山    6:40 → 光州 9:40
506   龍山   13:17 ← 光州 10:20
451   龍山   14:05 → 木浦 17:14  金・土・日運転
451   龍山   21:16 ← 木浦 18:00  金・土・日運転

指定状況を見てみたが、前後の列車は空席があるのに、
KTX-Uの列車は全車満席だった。やはり人気は高いようだ。

今日は時間の関係で、座席が空いているソウル→幸信間を乗車してみた。
この区間のうち、花田からは車両基地への引き込み線を利用しているので、
未乗車区間も合わせて乗車できる。

ソウル駅に入ってきたKTX-U 130列車。
列車は10両編成(うち客室部8両)での運転だ。
画像


先頭部のアップ。
初代に比べて、丸みを帯びていて、少しずんぐりとしたイメージ。
画像


さて、さっそく乗り込んでみよう。
ドア部分はこのようにステップが中から出てくる構造。
画像


出入り口横に掲示されている、車内設備案内。
上から、車掌室(1号車)、トイレ(1、3、5、6、8号車)、車いす用トイレ(1号車)、
車いす固定設備(1号車)、手荷物保管棚(4号車以外)、飲料自販機(2、6号車)、
スナックバー(4号車)、おむつ交換台(1、4号車)、授乳台(4号車)などとなっている。
画像


室内の入り口には、号車番号表示器が設置されている。LED式だ。
その横のボタンは、押すと3分間ドアが開いたままになるというものだ。
ガラスに貼られた携帯のマークはバイブにしましょうということなのだが・・・
画像

室内仕切りドアの開閉ボタン。
グレー部分に触れると、ドアが開く。開く時は緑のLEDが赤に変わる。
画像


室内の様子(一般車)
シートがグレー系の落ち着いた色調になっている。
画像


シートは先代の固定式から進化して、回転式リクライニングシートとなった。
座ってみるとすぐわかるが、先代の車両よりシートピッチが広いので、
私のような短足でも狭くは感じない。
画像


テーブルは先代と同じ方式で、上に引き上げてから倒すタイプだ。
また、折りたたみ式のカップホルダーが設けられた。
フットレストは従来タイプと同様だ。
画像

画像


シートの肘掛部分には、イヤホンジャックが備え付けられていて、
音楽を聞くことができる。ただし、専用のピン配置なので、通常のイヤホンは使えない。
画像


読書灯とブラインド。ブラインドは残念ながら、窓単位になっている。
鉄ファンとしては、ブラインドを閉められる恐れのない時に乗ろう?
画像


エアコンの風は窓の下から噴き出るのは、韓国標準だ。
画像


ちょっと室内を回ってみよう。
仕切り扉側をみるとこのようになっている。
画像


車端部分の座席はテーブルが取って付けたような折りたたみ式になっている。
画像


スナックバーは4号車にある。
カウンターとテーブルなどがある。すでに店じまい中だった・・・
画像


テーブルがあるが、ここで何人かが立っていると、少し狭い気がする。
画像


3号車、特室の入口。
サービスで新聞が何種類か置いてある。
画像


室内の様子。ブラウン調で、落ち着いた色調だ。新幹線のグリーン車と似ている。
座席は 2+1となっている。
画像


一人用シート。ヘッドレストが大きい。
読書灯の取り付け付近の盛り上がりが独特のデザインだ。
画像


4号車にはグループ席も用意されていて、テーブル(折りたたみ式)を挟んで、
向かい合わせに着席できる。(先代の車両中央部と同様)。
画像

一般席と区別するために、仕切りのガラスが取りつけられている。
画像


そうこうしているうちに、終点幸信駅に到着。
画像


正面から見てみると、このような顔をしている。
画像


幸信駅での新旧KTXの出会い。
画像


車両の連結部分をみる。
先代と同様、連接構造になっている。
ドア横にLEDの列車案内表示機があるが、少し小さいと思うのだが・・・
ドアの横にあるボタンは、手動開閉のボタンだ。
画像


乗ってきた編成が引き上げていったと思ったら、別の編成がやってきた。
画像


車両基地には、このほかにももう1編成が見えた。
今年の年末には、東大邱から釜山までの新線が開通し、
KTX-Uは、これから主流になっていくのであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初代KTXは駅への停車ブレーキ時に「キイィィー」って、つんざくような、耳を突き刺すような、ものすごい音がしてた記憶があるんですが・・・
KTX-Uは、この辺、どうなんでしょう?
改良されてるんでしょうか?
モハ52形
2010/03/08 01:11
モハ52形さん、コメントありがとうございます。お問い合わせの件、確かに先代はうるさいブレーキ音が気になりましたが、新型はあまり音がしなくなりましたね。もっとも、乗車区間が短かったので、たまたまかもしれませんが・・・もう少しいろいろなところを見てみないとわかりません。ただ、前回の輸入品に比べて、はるかに韓国人の目から見たニーズで開発されたということは確かです。風切り音などはどうなのでしょうね?
やまちゃん
2010/03/10 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【新車】【KTX-U】 KTX-Uに乗る やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる