やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【車両】NDCついに完全廃止

<<   作成日時 : 2010/02/18 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KORAILが所有する旅客用車両で、9201系(NDC)がついに
営業運転を終了した。

画像


▲NDCはカフェー客車を連結しておらず、便宜施設がほとんどなくて、
他のムグンファ客車と違い汚物がレールにそのまま噴射されるトイレを
使用しているなど、昔の列車の姿を見せてくれる。

韓国鉄道公社(社長 ホ・チュンヨン」)は鉄道安全法に基づいて 20年の間、
鉄道利用客と一緒に歩んできたムグンファ号(NDC)が来る 16日を最後に
歴史の中に消えると明らかにした。

NDCは京春線を経て慶全線で馬山⇔大邱間庶民の哀歓を乗せて1日あたり
4往復運行されていた。
短距離区間の繰り返し運行の效率性を高めるために韓国鉄道公社が
1985年から取り入れた幹線特急型ディーゼル動車である NDCは
総 212両が製作されたが 2006年から漸次的に運行区間がなくなったり、
車耐久年限を越して廃車に入って行った。
,現在 4両1編成だけが唯一 大邱-馬山区間で運用されていた。

2〜4両単位の断片性に運行されるから ‘くりねずみ動車’という別称とも呼ばれた。
最後の残った NDCが 20年の寿命を全うして、別れのあいさつを告げるようになった。

旅客輸送チーム チョン・ヨンソン次長は “当時京春線で最新式のために
人気独り占めした唯一に残った NDCの廃車に同好会や列車マニアたちが
惜しがっている”と “16日運行を最後に列車は車技術団に移管されて、
その所で廃車されるか博物館に送られるか決まる”と説明した。

KORAILはこれによって来る 17日からは現在慶全線及び東海南部線などに
運行されている同一タイプの RDC 動車が新たに馬山⇔大邱区間に
投入されると言った。

スナックコーナーなど便宜施設がなかったNDC 車に比べて
RDCは客車別イベント室と障害者のための専用及び設備があり、
これから鉄道利用客のためのサービス改善に一翼を担当するようになる。


【コメント】
また、貴重な車両が消えて行った。
NDCは私も1回しか乗ったことが無かったが、確かに現在では
室内のアコモデーションも陳腐化しており、乗客から見れば
ボロい車両だ、ということになろう。

鉄道ファン的には保存して欲しいなあ(たとえば鉄道博物館などに)!

ただ、韓国では鉄道ファンの数がまだまだ少なく、認知度も低いので
保存を呼び掛けるだけの力になるかどうかは疑問だ、

在りし日の写真を添付しておこう。

NDC 外観 (馬山にて) 2009/2/8
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【車両】NDCついに完全廃止 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる