やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【KTX】純粋国内技術、新型 KTX-U 来月 2日から本格運行〜鉄道新聞

<<   作成日時 : 2010/02/16 21:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ソウル〜釜山、竜山〜光州·木浦一日 4回投入

韓国鉄道公社(社長ホ・チュンヨン)は来月 2日 KTX-Uの本格運行に先立って
11日午前 10時ソウル駅で顧客代表、記者団など 150人余りを招待して試乗行事を行った。

画像


国内技術(国産化率 87%)で作った KTX-Uは既存鮫模様の KTXと違い
零れ落ちる瀧の水の水勢を力強くほとばしてさかのぼる我が国の地元
‘やまべ’のイメージでデザインされていて、空気抵抗と荷重を最大限減らすように
アルミニウム合金の流線形外形を取り入れた。

また、既存 KTXに比べて内部システムと性能もいっそうアップグレードされた。
すべての座席(363席)は回転が可能で椅子間隔も既存 KTXより 5cm 広くなった。
すべての客室に DMB 受信設備と無線インターネット施設が揃っている。

来月 2日から京釜線ソウル〜釜山区間と湖南線竜山〜光州·木浦区間に
一日 4回投入される KTX-Uは障害者など交通弱者のための専用席と
専用トイレなど障害者のための施設が揃っている。
団体旅行客たちのためのビジネス室(4人用テーブル 16席)とスナックバーも
用意されていて楽に旅行することができるようになった。

KTX-Uは 20両固定編成である KTXと違い 10両編成を基本に
20両(10+10)まで連結することができて輸送需要に弾力的な運営が可能だ。

11日午前試乗式行事を終えてソウル駅を出発した列車は 1時間後の 11時45分に大田駅に到着した。試乗行事に参加した一顧客代表は “KTX-Uに乗ってみたら、
既存 KTXより椅子間隔が広くて回転が可能で楽に足を伸ばして旅行することができた”と
“ 騷音が少なくてすべての客室に DMB施設が設置されていて静かで快適な旅行をすることができた”と言った。

KTX-Uは来月 2日から 6編成が京釜線と湖南線にまず投入されて
今年の末までに13編成,、来年上半期に 5編成を追加で投入し、
全羅線,慶全線などにも運行する計画だ。

この日試乗行事に参加したKORAIL、ホ・チュンヨン社長は
“来月から地元高速列車 KTX-Uに乗って、もっと快適で風変りな乗り心地を
満喫することができるようになる”と “これから世界高速鉄道市場に
本格的に跳びこんで私たちの高速鉄道優秀性を世界に知らせたい”と言った。

一方、KTX-U 乗車券は来る 23日からKORAILホームページ(www.korail.com)
と全国鉄道駅で前売りされる。

【コメント】
いよいよKTX-Uの営業運転が開始される。
フランスからインチキ契約で買わされた?KTXでの反省点を
盛り込んだもので、かなり国産と評されている。
果たしてどのようなものなのか、この目でシカと確かめたい。
同時に3月2日からKORAILでは大規模なダイヤ改正が行われるとのことで、
楽しみである。また情報があれば、紹介したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【KTX】純粋国内技術、新型 KTX-U 来月 2日から本格運行〜鉄道新聞 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる