やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【鉄道】KORAIL初の親環境LED照明車両〜LED IT ニュース

<<   作成日時 : 2010/01/13 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KORAILは12月23日から客室照明を LED(発光ダイオード: Light Emitting Diode) など
で改善した新規電車を新たに取り入れているが、既存電車の蛍光燈も LED 照明で
大幅に入れ替えて運行すると発表した。
画像


今度新たに導入された LED 照明新規電車は総 24両であり、
中央線電車延長開通区間である竜山〜竜門駅に投入して運行されている。
既存路線を運行中の電車の車内照明を蛍光燈からLED 照明に
入れ替る事業も進行している。
まず今年末までに、果川·安山線(地下鉄4号線)の電車の照明を全部入れ替えて、
,来年からその他路線で拡大適用する予定だ。
チョ・カンウ エンジニアリングチーム長は “今年末に開通予定の
京春線新規電車の照明も全てLED化するなどして、
2011年まで広域鉄道全路線の電車に拡大して適用する計画”と明らかにした。
さらに、“今後のセマウル号、ムグンファ号など旅客列車まで拡大するように
現在技術検討中”である言った。

電車内部の照明を親環境的な LED 照明で適用することで
カスタマサービスと費用節減面で大きい成果が予想される。
既存蛍光燈による照明震え現象(Flicker)が消えて、
また照度も改善して電車の乗客が読書するのに適当な ‘動く図書館’
の 役目をすることが期待される。

また LED 照明は蛍光燈に比べてエネルギー消費量が約 25% 少なく、
寿命も蛍光燈より 10倍以上長くて、蛍光燈購入及び入れ替え、廃棄による
費用も大幅に減らすことができるようになる。

パク・ワンギ広域車チーム長は “今度電車内部照明を LEDに変えたことは
KORAIL緑ビジョンである ‘Eco-Rail 2015’の実践課題で推進する事業として、
列車客室に適用することは国内で初めてある事”と明らかにして、
“今後の環境もいかしてサービス水準も高さは親環境電車開発をさらに推進する”と言った。

【コメント】
先の記事で、321000系の話題をレポートしているが、この車両が
韓国初のLED照明採用車両だったのですね。知らなかった・・・
(というより、樹脂カバーされているので、直接照明器具は見えないので分からないですね)
言われてみれば、蛍光灯よりも明るい気がしますが、新品の蛍光灯だから
と思っていました(笑)。
今後、4号線も室内照明を入れ替えるとのこと。
ソウルメトロの車両は蛍光灯の切れや、加減速時のちらつき(フリッカー)が
結構ひどくて、気になることがよくありますので、
良く乗る人には朗報でしょう。また、車両が出てきましたら、見に行ってみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【鉄道】KORAIL初の親環境LED照明車両〜LED IT ニュース やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる