やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【観光列車】KORAILで慶北観光循環列車 運行

<<   作成日時 : 2009/12/14 06:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KORAILでは、慶北地方の観光のための商品として、
慶北観光循環テーマ列車なるものを12月から運転している。
画像


東大邱から時計まわりに金泉〜(慶北線)〜栄州
〜(中央線)〜北永川〜(大邱線)〜東大邱
と回る。東大邱到着後、今度は逆回りでもう1周回るという運用だ。

列車はRDCに専用の塗装を施した車両を使用しているようだ。
画像



以下中央日報の記事より
(2009年 12月 02日(水) 午前 02:24)

慶北地域を一回り回って一日二度運行する観光循環列車が発車した。

慶尚北道は 1日午前 10時東大邱駅で慶北内陸の観光資原と鉄道基盤を連携して
あのCO2 緑観光商品で開発した ‘慶北観光循環テーマ列車’を
初出発させる記念式を開いた。
記念式に引き続き金寛容慶尚北道知事とホ俊英コレイを社長、
旅行社関係者などが慶尚北道のイメージと市・郡別特色あるデザインを
塗装した列車内外と特産品コーナーなどを見回した。

慶北観光循環列車は慶北の 23ヶ市·余分の中半分が過ぎる 12ヶ市·郡を通過する。
接近性が劣悪な慶北北部地域の観光地を連携したことが特徴だ。
運行コースは京釜線と慶北線·中央線·大邱線など既存 4個路線を順に引き継いだ。
列車は東大邱駅を出発して京釜線は倭館駅-亀尾駅-金泉駅、
慶北線は尚州駅-店村駅-惟泉駅、中央線は栄州駅-安東駅-義城駅-花本駅、
大邱線は北永川駅など皆 16個駅を経ってまた東大邱駅に帰って来る。
距離(通り)だけえんえん 347.5qに総 5時間 50分がかかる。
特に大邱でから店村・惟泉へ直行する路線は今度が初開設という意味もある。

画像

列車は東大邱駅で午前 8時 48分と午後 3時 40分の一日二度出発する。
季節によって出発時刻は調整される。
運行方向は午前出発は時計方向であり、午後は時計反対方向に循環する。
それで午前列車に乗って特定地域で降りて駅に用意された観光バスを利用して
観光した後、午後の列車を利用してまた発地に帰って来ることができる。
列車はムグンファで客車 4両であり、180人の定員だ。
料金は一回りを回る場合 2万1800ウォン(大人)に策定されたが、
全区間の場合 30% 割引される。

列車の中には市·余分の特産品コーナーとわであるカフェーカーが構えられている。
経由する区間ごとに該当の時·郡の観光広報映像物を上映して魔術ショーなど
各種行事も開かれる。特にカフェーでは地域別伝統株を試飲して購入することができる。

慶尚北道はこれから専担旅行社を通じて祭り列車と紅葉列車、
在来の市場ツアーなどを運営して企業体研修、学術セミナーと貸切列車賃貸など
多様な商品を出していく計画だ。
まずは聞慶と惟泉・栄州・安東など 4ヶ市・郡のパッケージ商品をお目見えした。
4個商品は ◆聞慶=レールバイク、史劇セット場、聞慶鳥嶺トレッキング、聞慶温泉
◆惟泉=フェリョンポ観覧、昆虫生態体験館、天文科学カルチャーセンター
◆栄州=紹修書院、士村、浮石寺、風紀高麗人参市場
◆安東=河回村、屏山書院、ハンジタル作りなどだ。

慶尚北道観光マーケティング事業団イ・ヒド団長は “慶北循環列車は
観光と住民交通の目的がそれぞれ 50%”と言いながら
“循環列車が地域住民に実質的な役に立つことができるように
宿泊·食べ物·特産物販売など住民所得をふやすことができる
プログラムを積極開発する”と言った。
彼はまた “循環列車の運行成敗は利用客数による”と付け加えた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【観光列車】KORAILで慶北観光循環列車 運行 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる