やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【韓国】【空港鉄道】臨時駅へ延長運転

<<   作成日時 : 2009/12/26 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久々に空港鉄道の話題です。
ホームページによれば、12/24〜31日の8日間、
竜遊臨時駅(おそらく車両基地内)まで延長運行するとのことです。

日の入り時間に合わせて 1日 3往復

KORAIL空港鉄道(社長ハ・スンヨル)は年末引き潮がシーズンを迎え
12月24日から 31日まで日没鑑賞列車を運行する。

この期間中一日 3回往復運行される日没列車は、
仁川空港駅から竜遊臨時駅まで延長運行された列車から降りて、
5〜10分ほど歩いて行けば引き潮の名所であるマシラン浜辺の
日の入りを便利に鑑賞することができる.。

画像


画像


日没列車は金浦空港〜仁川空港を無停車運行する直通列車(2本)の外に
各駅に停まる一般列車も 1本運転される。
これによってこの期間中金浦空港を午後 3時、4時に出発する直通列車と
午後 3時29分に出発する一般列車に乗れば、
日没を見られる竜遊臨時駅まで直行することができる。

竜遊臨時駅まで延長区間に対する追加運賃はないし、
金浦空港で乗る場合仁川空港まで 3400ウォン(大人,片道運賃)の
運賃だけ支払えば良い(仁川空港駅〜竜遊臨時駅区間だけ利用する場合
片道運賃 1000ウォン)。

▶ 金浦空港駅(15:00、15:29、16:00 出発) → 臨時駅(15:35、16:18、16:35 到着)

▶ 臨時駅(18:48、19:48、20:48 出発) → 金浦空港駅(19:28、20:28、21:28 到着)

KORAIL空港鉄道がお勧めする日没鑑賞場所である浜辺は
竜遊臨時駅から徒歩で 10分余りの距離にあり、
隣近乙旺里,王山などといっしょに代表的な西海日没鑑賞ポイントに数えられる。
特に干潟体験場に活用されるほど広い干潟を一面黄金色に染める夕陽が圧巻だ。

今年の年末浜辺の日没時間は午後 5時25分前後であり、
日没予定時間より 30分余り先に到着すると、
徐徐に落ちる日の入りの情景を鑑賞することができる。

▶ 乙旺里,王山,天女岩など竜遊の他の夕陽の名所に行くには、
竜遊臨時駅前で 5〜10分間隔で運行する 302、306番のバスに乗れば
10〜20分で行くことができる。

竜遊臨時駅を出れば見られるゴザンポも日の入りが美しい.物静かな
漁村潟の趣がぷんぷんと漂うゴザムポは干潟に横になった釣船たちの間に
離れる夕陽が穏かな感動を抱かれてくれる。

一方マシラン浜辺には浜辺屋台で夕陽を鑑賞してカルグッス、貝焼き物、
海産物煮物などを味わうことができるし、ゴザムポ潟前には
100余個の飲食店が集まっている刺身タウンがある。

【コメント】
興味としては、臨時駅となる車庫なのだが、下記の写真のような位置関係にある。
車庫のすぐ近くは海だ。(Yahoo!KOREAの地図検索より)
画像

以前開業前に行った時は道路も整備されておらず、大変だったが、
そのころから記事中にある302、306のバスは走っていた。

残念ながら、筆者は正月で一時帰国のため見に行くことができない。
もし、これが好評だったら、またやるだろうから、その時は行ってみたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
がんばって観光話題づくりをしているようですねぇ。
今月の鉄道ジャーナルかなにかに、鉄道公社が空港鉄道の株式の八割を現代から購入して、実質買収すると載っていました。
たけ
2009/12/28 18:49
たけさん、コメントありがとうございます。
そうですね。初の民間資本だったはずなのですが、残念ながら、経営的に無理で、KORAILが引き取る形となってしまいました。
最近の表示を見ると、KORAIL空港鉄道と表記されています。
今話題のJALもどこかが引き取ったら同じようになるのでしょうかね?
やまちゃん
2009/12/31 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【韓国】【空港鉄道】臨時駅へ延長運転 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる