やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日本】【JR九】はやとの風

<<   作成日時 : 2009/11/30 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、吉松から鹿児島までは、今度は「はやとの風」という特急で移動。
この列車、塗装が黒という、他にはあまり無い色だ。
天気が悪い日の写真写りが実に悪い。
とりあえず、跨線橋から。
画像

改装しているとは言え、種車は通勤型。
これで特急か・・・と思うと、車両的にはちょっと不満。

室内は、いさぶろうと同様に電球を使用したライティングだが、
指定席の2両では内装が異なる。
シートはボックスではなく転換クロスシートである。
<1号車> キハ47‐8092
使用の材木に明るい色のものを使用している。
仕切り部分などは、格子に加工している。
画像

車両中央部の展望座席。窓の方に座席が向いている席が2席×4=8席分ある。
画像

洗面所ののれんはユニークだ。
画像

ホームから見た外観。天井付近まで窓が設けられている。
いさぶろうと同様の改造が施されている。
画像


<2号車> キハ147-1045
使用材木が少し色が濃い。
また、扉付近の仕切りなどは、材木をあまり加工せずに無垢で使用している。
画像

シートは2人掛け転換シートだ。
画像

車両中央部の展望部
画像

車端部のロングシート
画像


<自由席> キハ140‐2066

列車は途中で行き違いのためなどで、結構停車する。
大隅横川駅。肥薩線には木造駅舎が多く残っている。
画像


霧島温泉駅。こちらはコンクリート造り。
画像

同駅で編成写真を撮ってみた。逆光で厳しいが・・・
画像


嘉例川駅でも小休止
画像

嘉例川駅の駅舎は、国の登録有形文化財に指定されている。
画像

古い中にぬくもりが感じられるのが、木造駅舎のいいところで、
多くの人を寄せ付けるパワーを持っている。
画像


列車は進んで、隼人駅に到着。特急きりしまと交換。
ここからは日豊本線となり、鹿児島へ向かう。
画像


やがて、海岸が近づき、海には桜島が見えてきた。
いよいよ終点、鹿児島が近い。
画像


鹿児島中央駅に到着した「はやとの風」
画像


これで肥薩線を経由で一連の観光列車を乗ったことになる。
九州には最近、「海幸山幸」というのも走っているそうだし、
志布志線や宮崎空港線などはまだ乗ったことが無いので、
また機会があれば、宮崎方面に行ってみたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日本】【JR九】はやとの風 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる