やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS GTX 大深度高速鉄道の計画 〜京畿道インターネットニュースより

<<   作成日時 : 2009/04/20 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

首都圏を ‘30分内生活圏’で連結してドンタン新都市〜江南を 18分で走破する
GTX(首都圏広域急行鉄道)に対する関心が大きくなっている。
京畿道とソウルを通勤する会社員はもちろん、首都圏に住む住民なら誰でも目的地に早く行きたい。
どうやら 「当たり前の」 所望が反映されそうだ。

広域急行鉄道は早い、いや早くなければならない。
そうしようとすれば途中でかかる時間を最大限減らさなければならない。
GTXが速度を出して運行時間を縮めようと中間駅設置を最小化する理由だ。
<GTX イメージ図>
画像


一応駅数が少ないので 「果たして GTXを利用できるか?」という疑問もある。
答は 「はい」だ。
京畿道は 14日用役結果報告を通じて GTXをKINTEXと水西(ドンタン)を連結する 46.3kmの A路線、
仁川松島新都市と清凉里を繋ぐ 49.9kmの B路線、議政府と衿井を繋ぐ 49.3kmの C路線など
全部で三つ路線を提案、「接近性」を強化する計画を素早く用意している。
画像


【GTX駅、軽電鉄、幹線急行バス、バス連携路線開発】
ギムシゴン ソウル産業大教授はこれと関連して、「首都圏広域急行鉄道と大衆交通を活性化して
利用者の便宜性を増大するために鉄道駅舎を中心に 500m 以内にバス停、乗り換え駐車場など
連携交通施設を構築しなければならない」と提案している。

まずGTX 路線間の移動と違う交通に乗り換えやすい位置に駅舎を設置して、
軽電鉄、幹線急行バス(BRT)、バスなど連携路線を開発する計画だ。
特に既存自転車道路を単純にレジャー用ではない乗り換え体制に変える作業も推進する。

現在 GTX 三つ路線の駅舎はもちろん拠点駅に 「乗り換えセンター」 を構築する計画を具体化している。
政府案が確定されるとおり該当の地域に当たる連携交通体系を作るのが目標だ。
GTXが道民の交通不便を最小化する方策であるだけに 「作ってみよう」と言うふうではなく、
もっと多くの人が充分に利用することができる環境を作るのが必須というのだ。

チェスイル広域交通担当は 17日 “まだ拠点駅が確定されなかったが、
連携交通体系を構築する方案を多方面に用意している”と
“GTX 駅と拠点駅などで相対的に遠くの人も利用するようにするのが必須だ。
拠点駅や乗換駅が決まれば三つ地域の駅を中心に連携交通網を作る計画”と明らかにした。

“自転車道路を半径 5m~10m圏圏域別で引き継ぐ方案も検討している”と
“バス、自転車、軽電鉄と GTX役をすぐ連結するバス停、乗り換え駐車場など連携交通施設を構築すること”と言った。

乗り換えセンターで幹線急行バスなどを活用した乗り換え急行バス運営も検討しているという彼は
“道民が GTXに接近が易しいと利用することができる。
GTX 開通時点を目標で連携交通網を構築するが軽電鉄など長期間事業は段階的に行う計画”と説明した。
画像



画像



【首都圏常習交通難まず解決… GTX 外郭連携検討】

速度が早いだけなく駅が遠くても利用しやすい GTXなら京畿道外郭地域まで延ばさなければならないことではないか。もちろんそうだ。そのようになるでしょう。

まず首都圏の拠点駅を連結、一番至急な問題である首都圏常習交通難を無くすのに一歩を踏み出す。
.これから連携方案も総合的に検討する計画だ。
特に外郭で延ばす問題は路線を延ばした時、財源などを考慮しなければならない。
政府と持続的に協議、延長計画を推進する方針だ。
首都圏の交通問題は京畿道だけで解決されることができる問題ではないからだ。


そんな意味で専門家たちはこれから国家的な次元で カーボンオフセット、グリーン成長のための交通体系を作らなければならないと注文をつけている。

ソングヒョンゴン韓国交通研究員博士は “カーボンオフセット、グリーン成長型都市空間構造及び大衆交通中心の交通体系を形成しようとすれば大衆交通志向型開発(TOD)を推進しなければならない”と “急行鉄道中心に大都市圏交通政策のパラダイムを転換,鉄道駅舎中心のシステムの複合開発が必要だ”と言った。

【GTX,貯炭所緑成長善導… 国家次元拡大すると】
◇14日午前京畿道庁新館 4層梯1会議室で金文殊京畿道知事が首都圏広域急行鉄道宣布式及び特別記者会見をしている


TODを基盤する駅中心の複合開発と言うのは、易しく言えば鉄道駅の乗り換えセンターを中心に
周辺に国際企業、コンベンション、ホテル、商業地、住宅、中央公園などを設ける大規模複合開発を意味する。

京畿道が一番先に提案した GTXが国家の貯炭所緑成長に
先導的な役目ができることと言う(のは)期待が出ることもこのためだ。

金文殊京畿道知事は 14日 ‘GTX、首都圏交通革命宣布式及び特別記者会見’で
“我が国も道路交通主だった広域交通を環境親和的でエネルギー效率が高い
鉄道中心に改善しなければならない。その出発点に GTXがある”
と “この日を ‘首都圏交通革命’に火を付けるますます憶えたい”と言った。

現在推進中の 3個路線の GTXは ‘完成’ではない ‘出発点’であり
これから GTX 推進に行政的,制度的努力をつくすという京畿道の意志を明らかにしたのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GTX 大深度高速鉄道の計画 〜京畿道インターネットニュースより やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる