やまちゃんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 慶全線 複線電鉄2010年 開通へ 〜鉄道新聞

<<   作成日時 : 2008/10/27 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年東海南部線とも繋がれて
釜田〜馬山複線電鉄事業も早期着手

全南と慶南を結ぶ代表的な幹線鉄道である慶全線が変わっている。
密陽三郎津から光州松亭里まで約 315kmに至る慶全線は、
現在複線電鉄化工事が盛んでいる。
三郎津〜馬山区間工事が一番活発で、この区間は 2010年頃早期開通する。
馬山〜晋州,晋州〜光陽などに分けられて建設する慶全線複線電鉄事業は、
高速鉄道の受恵地域を拡大するために推進されている。
特に早期開通する三郎津〜馬山区間は釜田〜馬山間複線電鉄工事によって、
釜山と馬山一帯が大変近くなる。
賃貸型民間投資事業(BTL)で推進する釜田〜馬山複線電鉄事業は。
総延長 51.4kmで釜田駅から信月信号場まで新設され、
既存慶全線複線電鉄路線と合流する。
この区間が開通すれば既存所要時間が約 1時間ほど短縮されて、
釜山と馬山の二つの地域が 20分台の生活圏ができるものと期待されている。
最近政府主導プロジェクトに選定されて、来年事業化調査を始まりに
2015年開通を目標にしている。
慶全線は釜田〜馬山鉄道に引き続き、現在釜田〜蔚山間複線鉄道事業が
進行中の東海南部線と繋がれる。
東海南部線は 2015年開通する予定で、現在設計中の蔚山〜浦項間複線電鉄
とも繋がれることができる。
1905年三郎津〜馬山間鉄道開通で始めた慶全線が、
最近複線電鉄化されながらその歴史がまた塗り替えられている。
.東海線が今後の全区間にわたって繋がれれば、
慶全線は全南と慶南,そして江原東海地域を一つの鉄道でつなげて、
鉄道観光の新しいトレンドができると期待される。.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慶全線 複線電鉄2010年 開通へ 〜鉄道新聞 やまちゃんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる